プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

料理を造る仕事こそが天職だと思いこの世界に飛び込んだのが17年前です。8年前に古くから続くこの店を受け継ぎました。得意とするのは日本・韓国をはじめとするアジア系の料理です。現在お店の核となっているメニューはステーキ・焼肉です。店を始めた頃から出入りしている肉屋はあの超有名店にもうちと同じ肉を卸しています。肉の鮮度の良さには自信があります。デザートもケーキ・プリンは自家製です。おじいちゃんの代から続くケーキ屋の末裔なので自信があります。なお、当店ではアジア系の料理に限らず、世界の料理を楽しむことができます。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メイン | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

月末

もう今月も終わり明日からは8月
月末はなぜか忙しい
営業さんもたくさん来る
姉妹店である300BⅤの写真撮影も依頼されたのが今日

店はなぜか今の時期にしては珍しく
団体で30人の食べ放題の予約をいただき
他にも予約が2,3件
仕込みはかなりあるし、人はたくさん来るし、撮影もありで
夕方にはバテバテ

営業さんの中でも今面白い商品を持って来ているのが
テンダーロイン
羊肉専門の輸入代理店である商社と組んで営業をかけてきた
Australiaで直接牧場経営もしているようで
その品質の高さが売り
今日ラムチョップなどの見本を持ってきたが
4ヶ月から6ヶ月のラムなのに大きさがぜんぜん違う
しかも食品としての安全性が高い
近日中に写真でアップしたいが
良いえさを食べさせて安全に育った子羊は体も大きくなるらしい今日は試食している暇もなかったが
味もかなり違いそうで楽しみだ
秋までには商品化を目指したい

それにしてもジンクスだろうか
最近は毎週火曜日がなぜか忙しい
前は水曜日ばかりが忙しかったが逆転している
やっと騒がしさも収まった
ふー

2007年7月30日 (月)

雷雨

毎月月末は経理のまとめや銀行に振込みに行ったりで忙しい
特に今日は昼から雷雨で銀行にいつ行こうかと迷う
先ほど雨も上がったのでようやく行けた

今日は暑さもひと段落
少しほっとした気分だ
そろそろ仕込みを始める

午前中に市場に行き何か良い素材はないかと
うろうろしているうちに雨が落ちてきた
市場では
今が旬の蝦夷貝、いさき、ゴマさばなどが並んでいた
魚料理はあまりメニューには載せていないが
裏メニューとしては結構おいてある

雨がひどくなってきたので
酒屋さんで雨宿りしながらまたぶらぶら
ビック築地の酒屋さんは見ているだけでも楽しい
特別何も買わなかったが目星はつけた
また高級ラム酒でもそろそろ揃えようかとおもう

2007年7月29日 (日)

キャンペーン

サッポロビールがエージェント絵思っているスミノフに
また新しいアイテムが登場した
スミノフアイススパイス


先日去年までサッポロの新人だった営業さんが
新卒の研修上がりの新人を連れてきて
この商品の売り込みの練習をさせていた

ちなみに各ビール会社には業務店向けには
2種類の担当がいる
酒屋を担当している営業さんと
地域を担当している営業さんである

さて新商品味は確かに面白いがなかなか瓶物の販売は難しい
ひとつは商品の値段が分かっていること
そして場所をとること
しかし今回はh君のお願いもありまた
キャンペーンがなかなか面白いので
やることにした
写真のガチャガチャを押すと
景品が出てくる
これを光らせると文字が浮かぶ
もしほしい方はチャレンジを

ちなみにあたらない場合はスタッフに言えば
当たるまで引けるとおもう

2007年7月28日 (土)

塩orたれ

ようやく梅雨も明けているようで
毎日暑さが厳しい毎日がやってきた

うちの店では厨房が狭いこともあり
しっかりとした仕込をするため
12時には社員さんと2人で仕込みを始めるのだが
昼はさながら灼熱厨房
お客さんのいない店内は当然だが冷房は消してある
まあこれだけ汗をかくと体にはいい気もするが、、、rock
それでもこの頃から秋分の日を思わずにはいられない
日本の気候は変わったとか
異常気象だとかいっても
毎年9月の秋分の日ぐらいからは涼しくなる


話は変わるが
最近では焼肉も塩だれが圧倒的に人気が有り
すでに不動の地位を誇っている気がする
当店でも焼肉は塩が圧倒的に人気だ
ちなみに成分は
塩、胡椒、ゴマ、ごま油、ニンニクだけである
しかし味には秘密がある
それは塩
沖縄産の物を使っているが市販品ではない
ミネラル分が随分と高いことだけは確かで
それが肉に美味しさを加えているupwardright

醤油だれも当然自家製
こちらは食べ飽きしないように甘さを控えてある
カルビなど脂が多い肉にはぴったりだ

そのほか味噌だれ、羊や鹿などのジビエだれなどがある
まあどれも美味しいと思うが
すべて手作りなので大変だ
今日も熱いなかたれずくりに今から励もうear

写真はAustraliaのラムチョップ

2007年7月27日 (金)

ビール戦争

うちの店には生樽ビールだけで6種類
HALFも入れると7種類のビールがある
最初はキリンハートランドだけであったが
最初はアサヒの営業さんが仕掛けてきた
この店は通?の間ではハートランドを売る店として昔から知られていた
ちなみに販売量は1万リッターぐらい
通常の繁盛店と呼ばれる店で3000リッターぐらいなので
年間販売量では結構な数字だ

そこでシェア争いが始まるbomb
アサヒの営業さんが頑張った結果
アサヒ熟選、琥珀の時間、ベルビュークリークの樽生がある
そう揃えているのは
いわゆるプレミアムビール
ちなみに店でしか飲めないものばかりだ

去年はサッポロの新卒営業が仕掛けてきた
同じような年代のアルバイトをたくさん使っているので
ついつい情がでてしまい
エーデルピルス、ギネス樽生を置くことに
まあ自分の趣味でもあるのだが

これだけあるとビールサーバーの洗浄だけでも大変だが
毎日美味しいビールを出すため
頑張り続けるしかないdash

そろそろ暑さも本格化
樽生ビールの美味しい季節だbeer

2007年7月26日 (木)

終わってからの焼肉

先週週末からの忙しさで
スタッフは週明けも疲れ気味
お客さんに出される美味しそうなステーキを見たり
焼肉の匂いをかいでいれば
若いスタッフが多いので
おのずと食べたくなるのが人サガ

そこで甘え上手なスタッフが擦り寄ってくる
『今日客引きが早かったら焼肉だめですかね?』
しょうがないので
「もし早く終わったらね」という

まあたまには自分たちがお客様に提供している肉が
どんなものかを教えるのに食べさせることも必要かとも思う
そしてそんな日に限っているわけでもないのだろうが
10時を過ぎるとぱったり客足が途絶え
こんな日は残っているお客様も足早に帰ってしまう

11時前には皆そわそわしだす
そして更に甘え上手なスタッフが
私が皆の肉を切っていると
『レバサシも喰いたいんですけど?』
といいだす。
皆うまいものは良く御存知だ
仕入れ値もすばらしく高いレバー
しかも今日届いたばかりだから当然鮮度抜群

昨日用意したのは
ネギ牛タン、トントロ、ロース塩、はらみ塩、地鶏鶏塩
たれはカルビ、ロース、ラムチョップ、鹿ロース、羊ロース
皆ご飯片手に
歓喜の声を上げながら食べていた
そばで焼肉の解説をしながら肉を焼きつつも
私自身もつまんだが美味いと思った
特に塩系は色見は悪くなるが最近前日から味を入れてみている
仙台の牛タンと同じ手法だが
こうするとやはり美味さがアップする
余計な水分や肉の臭みが消えるのだhappy01
たれ系は鹿と牛ロースの鮮度味が最高
特に牛ロースは最近回転がかなりいいので
片面あぶりでokだ
みな大画面でやっているサッカー中継のことも忘れて
食べつくしたdash

でも若いこの食欲にも驚かされた
食べた肉は4kg5人でsad


2007年7月25日 (水)

すばらしい若姫牛


先週の初めにメニューをマイナーチェンジ
今回の目玉はメキシコ産の若姫牛ステーキ
使用部位チャクアイロールと言うカタロースの部分
何がすばらしいかと言うとその肉質
兎に角柔らかくてジューシ
穀物肥育で黒毛和種の牛をメキシコの牧場で
日本の技術で育てているので安全性は完全に保障されている
最近アメリカ産牛肉が徐々に出回り始め
オーストラリア産は以前の3倍の供給量
なのでBSEの発生以後はじめて供給過剰な状態になりつつある
当然値段も下落傾向
国産牛以上の品質で値段もそこそこだ
なので今回はステーキを思い切り食べてもらうため
ジャンボステーキにして500gつけた
名付けて
若姫牛のメガステーキ 500g 2,380円
一度食べたらやみ付きになるうまさとその大きさにびっくり
もちろんHALFサイズあります。

2007年7月24日 (火)

はじめまして

ぐるなびのブログは今日がはじめて
皆様始めまして
300B ONEの日常の出来事やメニューの食材や料理・お酒のこと
スタッフや定連さん、お客さん、業者の営業さんのことなどを
適当に書いていこうと思います.
飲食業に従事したことがあるなら当たり前のことでも
普通の人には『そうなっているんだー』と思うことなんかも
書いてみたいと思ってますpaper

今日ははじめて書くので
これまでの300Bの簡単な歴史を書いてみます
300Bは1975年に先代のオーナが喫茶店としてオープンさせました。
そのときから近くの立教の学生さんたちはよく来ていたようです。
特に軽音系のサークルはよく来ていたそうです。
この店の名前300Bは先代のオーナが300Bという真空管
を使うアンプの製造に携わっていたことから由来します。
そういうわけもあり音楽とは深い関係にあり
今でも当店のスピーカーはA7という巨大なスピーカです
昔は2階の舞台で渡辺貞夫も演奏したことがあるそうです。
それから時代が過ぎ行く中で
今で言うレモンハイやライムハイなどのトロピカルチューハイ
を生み出し大ヒットさせたのもこの店が最初だそうです。
その後80年代後半からはカクテルを売り出しました。
いわゆる洋風居酒屋またはダイニングバーなどの走りの店だったみたいです。
歴史が長いのでいろいろな部分は割愛させていただいてます。
300Bは当初 今の当店が一号店、2,3と続き5号店まで作りましたが
現在残るのは当店と5号店です。
5年前私も可愛がって頂いた先代のオーナがなくなり
4年前に私がこの店を引き継ぎました。

4年前にはじめたときは店の方向性を大きく方向転換してflair
焼肉店としてスタートさせました。
その後いろいろな方向性を求め
現在のようなスタイルになりました。
今は肉料理(ステーキ・焼肉etc)と自家製デザートが店の中心で
そのほかバラエティーにとんだ無国籍料理があります。


300B ONE 池袋総本店 のサービス一覧

300B ONE 池袋総本店