プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

料理を造る仕事こそが天職だと思いこの世界に飛び込んだのが17年前です。8年前に古くから続くこの店を受け継ぎました。得意とするのは日本・韓国をはじめとするアジア系の料理です。現在お店の核となっているメニューはステーキ・焼肉です。店を始めた頃から出入りしている肉屋はあの超有名店にもうちと同じ肉を卸しています。肉の鮮度の良さには自信があります。デザートもケーキ・プリンは自家製です。おじいちゃんの代から続くケーキ屋の末裔なので自信があります。なお、当店ではアジア系の料理に限らず、世界の料理を楽しむことができます。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2007年12月 | メイン | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月30日 (水)

週刊一週間

おなじみの雑誌の名前

雑誌の影響力はこれまでも何度か味わったことがある

この店をオープンした当初
昔からの知人でカメラマンU氏に
雑誌の編集の方を紹介して頂き
東京ウォーカーの年末号に載せてもらった

その反響は普通ではなかった
年末特集号と言うこともあったが
通常の3杯以上のお客様が来た
対応するのにてんてこ舞いだったのを思い出す。

それほどではないにしろ
雑誌の反響はいつ出しても結構あるものだ

今回は
誰かの紹介ということでも無いが
掲載させてほしいとのことだったので
応諾した

今週号から載っているらしい
雑誌を見てきたらしいお客さんが毎日何組かは来る

週末はどうなることやら

2008年1月29日 (火)

営業ラッシュ

昨日から社員さんは連休
まあそれはいいのだが
店も暇だし
そこをつけ狙ってでもいるかのように
営業さんラッシュ

朝から晩までどれだけきたのかわからない
来てもいいのだが
そうすると仕込みが追いつかない
一人で仕込みをしなければならないのに
そんなに次々、、、

そう言えば最近は社長さんなどと呼ばれる
最初の頃はこそばゆいような感じもあったが
もう随分なれた

でも零細企業の社長など
片手に包丁持ちながら話しているようなものだ
なんだか皮肉なものであるが

この程度の社長が一番楽なのかもしれない
と思うこの頃だ

2008年1月28日 (月)

ドレッシング

当店ではドレッシングはすべて自家製です。
ドレッシングの数は増える一方

和風、中華、イタリアンがほぼ定番

毎週かなりの量を使ってます。

最近ではキャベツ専用、自家製ポン酢系などなど

考えているとメーカーのように種類が増えていきそう

このドレッシングたちも長い伝統があるのが

和風と中華

どちらのドレッシングも考えられたのは20年前

自分もその味を受け継いできたのだが

もともとの味とは大分変わってきた。

化学調味料や保存料は当然ながら入っていない

体にはいい成分ばかりだ

和風の主原料は玉葱だし
中華はゴマ

サラダの作り方の基本も20年前から変わらない

シャキシャキのレタスベース

評判はおおむねいい

2008年1月27日 (日)

景気後退

たまには経済の話でも
去年の10月ぐらいから
物価高が叫ばれ出してきた。
主要な要因は原油高
温暖化による旱魃で農作物の値段が上がったこと

輸入大国の日本では当然物価が上がる
さて物価が上がっても皆の給料が上がるわけではない
経済用語で言うスタフグレーション?が起こりつつある。

自分の商売には影を落とす言葉だ
こういう経済状況の中では当然ながら可処分所得が減る
そこで一番最初に人々が節約しようと思い、節約しやすい
ものの一つが飲食代金である。
お酒は家でも飲むことができるし
食事も当然そうである

この傾向は今でも進みつつあるが
今後はもっと進んで行き
お金を払って外食することに
これまで以上に対価を求められそうである

経営環境はいっそう厳しさをましていくだろう

当店もこれまで以上の努力が必要になりそうだ

2008年1月26日 (土)

シングルモルト宮城峡

昨日アサヒビールの営業担当さんが
ニッカのシングルモルト宮城峡のサンプルを持ってきた
彼の説明いわく
今の15年から20年物の国産シングルモルトは
相当美味しいらしい
なんでも
バブル真っ最中からその後ぐらいに仕込まれた国産シングルモルトは
かなり贅沢な材料をつかったウイスキーらしく
しかも大量に作られすぎ、その後経済の後退とともに
ウイスキーは売れなくなり
そのまま蔵で寝かされてきたらしい

ちなみに自分はウイスキーはあまり好きではないが
昨日飲んで見て
これは美味しいと思った。
しかも値段も安い
これは買いかも

2008年1月25日 (金)

のんびり

2週間前蝦夷しかが残り少なくなってしまったので
北海道の猟師さんにメールした

鹿を届けて下さいと

いつもは
それで返信のメールなどはなく
適当に届けてくれる

それが
2週間たっても音沙汰がない

これは困った

どうしたものかと思い
本日電話

ここ一ヶ月pcが壊れて修理に出しているらしい

都会ではありえないペースだ

先日鹿児島に行った際も思ったが

田舎はのんびりしている

東京でpcが商売をやっている中で壊れると大騒ぎだ

そんなわけで

鹿肉は来週から再開します

御迷惑をおかけした方々
スイマセンでした

2008年1月24日 (木)

ディズニーランド

本日は夢の国からのゲストが3人も
当店のスタッフの友人で
ディズニーランドのパレードで踊っている踊り子
2名様が御来店その後さらに一人合流

どなたもさすがに美女揃い
まばゆいほどの光景です

それにしても
彼女たちもある意味サービス業
とはいえ今日のこの嵐のような北風の中でも
パレードはおこなわれたようで
寒風に吹かれながらも踊ってきたそうです

本音をきいていると
なるほどとうなずけることも多々ありました。

やはりどんなに踊りが好きでも
毎日毎日踊ることは大変なことのようです。

誰かに言われたことがあるそうです
ディズニーで踊るのは自衛隊より大変だと

そうです
踊っているだけならいいでしょうが
練習も打ち合わせも大変です。

どんな仕事にも苦労はあるもの
好きなことをやっているから
毎日仕事が楽しいわけではありません

それは自分にも共感ができるところがあります
なので
たまにおいでになったときぐらい楽しめるようにしたいものです。

今日の食事が楽しいひとときであれば幸いでした。

2008年1月23日 (水)

初雪

寒いですね
朝起きると
びっくり
雪です。

昨日まで鹿児島にいたのがまるで嘘のようで
現実感が漂います。

大学生は後期試験真っ最中
サラリーマンは給料日前

まあお店も思いっきり暇でしょう

今月はなぜか私事がおおくて
本日引っ越し先と契約が終わり
今月末までには引っ越しを終了せねばなりません

もう一週間です。

それが終わると今月も終わり

そういえば
この時期に雪が降ると
20年前の受験のことを思い出します。
確かあれは2月に入ってからでしたが
大雪が降り
受験会場まで行くのに一苦労しました。
受験生にとっては熱い冬なのでしょう

合格してシンカンに来れることを
お祈りいたします。

2008年1月22日 (火)

森伊蔵 なみなみ一杯400円

御無沙汰してました。
今日の午後、鹿児島から帰ってきました

福岡、鹿児島と短いたびでしたが
かなり充実した旅になりました。

旅の話は後々いろんな場面で書いていきたいと思います

今日は早速ですが
昨日鹿児島県霧島市国分で飲んだお酒の話から

昨日は後輩で国分にお店を出すe君と
国分の夜の街に呑みに行きました
飲み屋街と言っても
お店の数もそれほどたくさんあるわけでもなく
観光地でも無いので
地元の人が飲みにいく居酒屋さんがメインです。

それでも他の田舎町よりは
若い人の人口は多いらしく
全くガラガラというわけでもありません

4,5軒はしごして
あちこちで飲んで思ったのは
どこの店でも必ず芋焼酎はあるということ

しかも名だたる名酒はすべて揃ってます。
街中の飲み屋が芋焼酎の名酒居酒屋みたいです。

鹿児島では芋焼酎はだいたい一合、2合で
クロジョカ(平たい急須)にいれられて持ってこられ
水割りかお湯割りにします。

ある和風居酒屋に入ると
森伊蔵、村尾、伊佐美、万膳などなど
ネットでみると何万円もする芋焼酎がおいてありました
まあおいてあるだけであれば
東京にもたくさんそういう店はありますが
値段が違います。
一合500円から750円ぐらいです。
一合ですから180mlです。
当店で通常お出しする焼酎ロックで90mlです。
つまり幻の焼酎が通常のロック2杯で750円
一杯高くても400円ぐらいです。

やはり本場は安いと思いました

ちなみにタイトルは最後に入ったラーメン屋さんで
森伊蔵をロックで頼んだ時の値段です。
なみなみ入って400円でした。

本来焼酎はそういう値段ということを再認識しました。

2008年1月19日 (土)

旅にでます。

去年は休まず働きましたが
今年は早速明日・明後日、自分は休みます。
もちろんですが
お店は営業しております。

福岡の実家に帰るのが一つの目的
その帰りに鹿児島にいき
後輩が春から出す新しい店舗を見に行きます。
ゆっくりとした旅ではないですが

たまには目先を思い切り替えてみるのもいいかな
との思いから決意しました

そして、もう一つの目的は社員さんの修行です。
彼はこれまで学生の頃からこの店であるバイトをしてきて
自分がこの店に来てからもアルバイトとして働いていました
もちろん他の仕事をしながらです。

1年半前、社員に成りたいということで
本格的にこの世界に入ったのですが
アルバイトとプロは違います。
その違いを一年半にわたり教え続けてきました。

何年後かには彼も独立するべきです。
それがいつになるのかはかれ次第です。

すでにお店のシステムはできており
何年も在籍するスタッフも付けるので
自分が2,3日いなくとも
店は運営できるはず

そう今回は彼にとってのテストです。

うまく行くことを祈りながら
九州に旅にでます。

300B ONE 池袋総本店 のサービス一覧

300B ONE 池袋総本店