プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

料理を造る仕事こそが天職だと思いこの世界に飛び込んだのが17年前です。8年前に古くから続くこの店を受け継ぎました。得意とするのは日本・韓国をはじめとするアジア系の料理です。現在お店の核となっているメニューはステーキ・焼肉です。店を始めた頃から出入りしている肉屋はあの超有名店にもうちと同じ肉を卸しています。肉の鮮度の良さには自信があります。デザートもケーキ・プリンは自家製です。おじいちゃんの代から続くケーキ屋の末裔なので自信があります。なお、当店ではアジア系の料理に限らず、世界の料理を楽しむことができます。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

ラミネート

先程から
新しいワインリストの印刷をしてもらったものが
出来あがってきたので
ラミネートをしていたのだが

どうも調子が良くない

先日カウンターの下に置いておいたとき
誰かが
落としているのを発見
何もなければいいがと思っていたが
やはり
壊れている

もう10年近く使っていて
その当時としては
ずいぶん軽量化してスマートになった機種であった

まだ
自分も修行中で
給料もわずかしかもらっていなかったが
その頃から
メニュー作りにはPCを使い
プリンターは勿論、スキャナーも買い
一眼レフのデジカメまで持っていた
そして最後にラミネーターを買った

こう書くと不思議に思う方もいるかもしれない

そう、
店の為にメニューを作るのだから
普通なら会社で買ってもらうのが筋だ

しかし
そのころ自分が勤めていた店は個人店で
10年前ぐらいは景気も
今と同じように悪くなりつつあり

なので
店に負担をかけないで
メニュを作って店を盛り上げたい
という気持ちが強かった

まあ、もう一つはそういうことが好きでもあった
なので
ラミネーターを手に入れた時はうれしかった覚えがある

時間の経つのは早いものだ

たとえ落下していなくとも
そろそろ寿命だったかもしれない

あとひと月で年も改まる
買い替えを考えようかな

2008年11月29日 (土)

ファミレス

誰もがこう訳して読むようになって久しい

ファミリーレストラン

昨日、テレビ東京のニュースで取り上げられていた。

70年代に家族層をターゲットに
チェーン展開されてきた
庶民の身近な贅沢なレストラン

最近では利用する客層は大幅に変わり
サラリーマンやOLのランチや
いろいろなグループでのたまり場と化している

まあ、家族で行く人もいるのであろう
いまだにレジの横には
子供用のおもちゃや菓子が並んでいたりする

そのファミレスも
最近では営業不振が続き
店舗縮小、業態変更などが続いている
相次いで大手チェーンが大規模な店舗縮小を行っている

同じ飲食業の中から見ても
ファミレスというのは無駄の宝庫

あんなに広いスペースを
コーヒのお代わり無料で
席を占有されてしまっては
商売あがったりであろう

あれなら時間ごとにお金が取れる
漫画喫茶のほうがましというもの

居酒屋チェーン業態も
すでに生まれてから30年以上がたち
ファミレスと同じように
旧態然とした経営手法が通じなくなった

居酒屋でも同じようなパターンで
飲みも食べもしない客が
ただただ席を占領する姿が見られてきて久しい

ファミレスも居酒屋もなくなるということは無い
しかし
すでに過去の遺物となりつつあるのは確かなようだ

2008年11月28日 (金)

クリスマス

まだ
クリスマスまでは一カ月近くあるが
去年スタッフにせがまれて
買ったクリスマスツリーを
そろそろ飾ろうと思い

倉庫兼着替え室で
去年のツリーを探した

ツリーも去年来たトナカイやサンタのぬいぐるみも
発見

電飾が見つからないというから
探してやると
電飾も発見

ところが
ツリーの足がない
土台である

探しているところに
サッポロさんが飲みに来たので
相手をしなければいかなくなり
スタッフに探してもらったがない

最悪、土台だけ買うか、と思っていたが
それも悔しいし
捨てるはずがないし
きっと倉庫にあることを祈りつつ
先ほどから探しまわっていた

スタッフさんに
空けたかどうか聞いた箱も
もう一度自分の目で確かめてみることに

やはり自分の目で確かめるのが一番
捜索の結果
一番目につくところにありました

まあ、クリスマスの飾りつけはするのだが
イベント的なことは今年もやりません

ムードはそれなりにあるので
皆様
雰囲気を楽しみに来てください

2008年11月27日 (木)

本屋

今日は仕込みは社員さんがやってくれているので
先ほど西池の銀行へ

散布ついでにぶらぶらしながら
今日は雨が降っているせいもあるのかもしれないが
人通りもまばら

時間があるので
本屋にも立ち寄ってみた

昔から本屋になら何時間でもいられる
本の題名を見ているだけでも
結構面白い

その昔は
毎日本を読んでいないと
落ち着かないぐらい
活字好きでもあったが
最近は忙しいこともあり読書もままならない


でも
最近の本屋さんも
というか出版業界もそうだが
ちょっと商業的すぎるきらいもある
言い直せば
商売っ気が強すぎる

映画や流行ったドラマ
これから流行りそうな大河ドラマ
そういう関連のものばかりが平積みされ

あとは
簡単にがキーワードのようなっている本ばかり
つまり
簡単にダイエット、頭が良くなる、健康になれる
仕事ができるようになる、料理が作れる
そんな本がほとんど平積みにされている

確かに
そうでもしないと
出版社も生き残れないのだろうし
本屋さんも経営していくのが大変なのだろうが、、、

話は変わるが
先日もこのブログで話題にした
ミシュランガイド2008はたくさん売れ残っていた
世間の評価は結構厳しい

それにしても
本屋を歩いているだけで
世間の様子は垣間見えてくる
おもしろい場所だ

ちなみに
料理本コーナには必ず行くのだが
料理の業界でも
注目されている料理人や料理研究家の本が
目立つ場所にある。

特に
料理研究家という人たちは
よくもこれほどたくさんいろんな人たちが
出てくるものだと感心させられる。

2008年11月26日 (水)

毎週火曜、店が終わるころに
鍼灸師の友人が来てくれる

もちろん
飲みに来るわけではなく
治療をしに来てくれる

持つべきは
鍼灸師の友かもしれない

昔、股関節脱臼をしたこともあり
それ以来、坐骨神経痛は持っているのだが

最近はそれだけでなく
肩がやたらと痛かったり
腰が、、、
という日がある

特に寒くなってくるとその傾向が

最初は針を打たれるのも怖かったが
慣れてくるとそうでもない
ただ効果がどれくらいあるのかは
今のところわからない

東洋医学は体質改善をしていく治療なので
時間がかかるらしい

もっとも最近の腰痛や肩こりの原因は
筋力の不足によるところが大きいらしい

姿勢や骨がまっすぐでなくても
若いうちは筋肉が支えるので
体に痛みは出ないらしいが
年齢とともに筋力が落ちてくると
痛みに変わってくるらしい

なので
毎日ストレッチと簡単でもいいから筋トレ
が必要なのだが

今一つ続かない
最近つとに感じる

人はこうやって老いていくのだと

アンチエイジング
明日も筋トレ頑張ろう

2008年11月25日 (火)

携帯電話

携帯を持つようになって2年
今日は携帯していない

たまに
忘れる

さほど気になるということもないが

一年のうちに
いる場所がかなり限定されているので

家か店
携帯を持つ以前は
家にも電話を引いていたので
特別携帯がないと困ることがなかった

今でもそうだ

第一
携帯があるほうが縛られている気もする
携帯があると
待ち合わせの時間などに皆遅れがちになる

うちのスタッフも仕事で遅刻が多い

遅れる時もメール

特別目くじらを立てるほどのことでもないが、、、


まあ、最近は外出する機会も多いので
携帯も活躍することもある

そう、当店のスタッフさんにはよく言われる
携帯は携帯してくださいと

2008年11月24日 (月)

独創力

先日引いた風邪がやっと体から抜けたようだ

それにしても
やはり風邪のせいだったのか

家に帰り
普段ならテレビやDVDを見たり
していて
寝るのは早くても3,4時になるが

ここ二、三日は1時ぐらいには熟睡してしまい
朝も10時すぎても目が一向に覚めなかった

熟睡しているので
寝起きもずいぶんすっきり起きぬけられる

毎日このパターンだと
ずいぶん体が休まるのだろうが
体が元に戻ると生活も元に戻ってしまいそうだ

そんな訳で今日も10時過ぎに起きると
休日の平日なので
テレビでは爆笑問題が京都大学で
学者と話していた

議題は独創力について

その中で独創的な発想をする人は
孤立すると話していた

まあ、確かにだれも認めていないから
独創的なのだろうから
当然の帰結だ

飲食業でもセオリーというものはある
でも、セオリー通りであれば通用するかと言えばそうでもない

むしろ独創的な部分が2,3割はなければ
いい店とはいえないかもしれない
料理もしかり

でも、そこはバランスが難しい
あまりにも独創性に満ちていると
誰も注目さえしてくれない可能性がある

科学や学問とは違い
一般の社会では
独創的である割合

バランスが重要なのかもしれないと

寝ぼけた頭で考えていた

それにしても
今日は雨、しかも寒い
客足に影響しなければいいが、、、

2008年11月23日 (日)

割引

昨日知り合いから電話があった
ずいぶん酔っている様子だったが

すきやばし次郎を知っているかという

ちなみにその人は自分よりかなり年配の人で
お世話になっている人でもある。

すきやばし次郎を知らない料理人もあまりいない

もちろん知ってますけどというと

今行ってきた。六本木の という

六本木に???

なんでも
その人の知り合いが次郎さんの二男さんの知り合いらしく
二男さんが六本木に支店を出しているらしい

すきやばし次郎さんに支店があるとは知らなかった

今度行かないか【安くしてくれるから】と言われた

まあ、相手も酔っているので
適当に相槌を打ち電話は切ったが

その話の中でも
やはり名店の支店なので
お代は2から5諭吉はするらしい

別段驚くほど高いとは思わないが
一回の食事に使うには少々贅沢


ちなみに当店でもいろいろなメディアにクーポンを乗せ
割引をしているが
本意ではない
割引をしなくとも高いとは思わない価格だと思っている

ただクーポン全盛の世の風潮に合わせているのと
広告効果を高めるためにやっている

でも
自分は飲食業の人間なので
どこに行ってもクーポン券も
割引も受けないことにしている

適正価格で十分満足

2008年11月22日 (土)

今年最後の三連休

やはり年末が近いこともあるのか
11月の3連休は
それなりの客足

連休は遊びに行くものだったのは子供の頃の話で
今では
連休はお客さんを迎えるためにある。

人が休みのときには忙しいという
因果な商売だ

それはさておき
昨日あたりから
くしゃみがノンストップ

年に一度は引いてしまう
風邪

近年はそれでもひいていなかったのだが
なぜか昨日から、、、

まあ、急に寒くなったのに
薄着のままでいたのが原因だろう

皆様も体には十分お気お付けを

2008年11月21日 (金)

見世物小屋

今週の月曜日は
二の酉で
店がはけたら花園神社に行こうと思っていたが

自分の予想以上に店は暇で
今年のワーストを記録

早仕舞して
神社へお参りに
こういう時は
神頼みに限る

それにしても
11月に入って客足が鈍ってきている
そう思うと余計神頼みもしたくなるもの

去年は
夜中の2時ぐらいになってしまったので
熊手すら購入できなく境内にもあまり人影はなかったが

今年は時間が早いこともあり
人でごった返していた

でも
熊手の売れ行きはあまり良くはなさそう

まずは人をかき分けて
境内に行き参拝
お札とお守りをもらい
熊手売り場へ

七福神が好きなので
小さめの熊手を購入
それでも何万かはしたが
縁起物ゆえにしょうがない

それにしても、最初に売り場の兄ちゃんに勧められたのは
もっと小さなミミっチイもの

売り場に兄ちゃんには自分がそう見えたのだろう

花園神社自体はあまり大きな神社でもないので
すぐに入口のほうに降りてくると
うちのスタッフさんたちが
あちこちので店で買い食いを始めた
お祭りの雰囲気もいいものだ

そのスタッフさんの一人が裏のほうでやっている
見世物小屋にずいぶん興味があるらしい

拡声器で宣伝している
中には蛇女さんがどうもいるらしい

スタッフさん全員を揃えて中に入ってみることに
なかは人でごった返しており
舞台には鹿の角をつけた上半身裸の男が
火のついた蝋燭を口で消したり
火を噴いたりしていた

そして蛇女の小雪さんが登場
彼女も蠟を飲んだり火を噴いたり

そしてクライマックスが
生きた蛇の頭を食いちぎる

本物の小さな蛇で
食いちぎる音もしていたので
本当にやっていそうだ

その一連の芸が終わるのが30分ぐらいで
途中で10分毎ぐらいに人がどんど入口から入ってくる

前のほうには昨日も来ていたと鹿男と話している
常連のふりをしたサクラがいた
なぜそれがサクラかと言えば
お酉さんはその日しかやっていないからだ

一人出口で800円払う

スタッフのみなは若いので
こういう見世物は初めての人がほとんど
自分もずいぶん昔に見たことがあるが
久しぶりに
楽しめた


300B ONE 池袋総本店 のサービス一覧

300B ONE 池袋総本店