プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

料理を造る仕事こそが天職だと思いこの世界に飛び込んだのが17年前です。8年前に古くから続くこの店を受け継ぎました。得意とするのは日本・韓国をはじめとするアジア系の料理です。現在お店の核となっているメニューはステーキ・焼肉です。店を始めた頃から出入りしている肉屋はあの超有名店にもうちと同じ肉を卸しています。肉の鮮度の良さには自信があります。デザートもケーキ・プリンは自家製です。おじいちゃんの代から続くケーキ屋の末裔なので自信があります。なお、当店ではアジア系の料理に限らず、世界の料理を楽しむことができます。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年5月 | メイン | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

ATM

昨日は
朝早くから
池袋の当店で仕事をはじめ

昼から
必要なものを吉祥寺に車で運び

さらに
もう一度電車で
メニューの打ち合わせに吉祥寺へ

21時に池袋につき

店に顔を出して帰ろうかと思い
歩いていたのだが

ふと
売上の入金を忘れていることにきずいたので

近くのATMへ

そこで
トラブル発生

見事に止まってしまい
警備会社の人がくるまで30分待たされた

疲れているところに
運が悪い

これまでも
このパターンは何度か経験したことがある
待つしかしょうがないが

警備会社の人が
ATMを調べて、中からお金を取り出して
ATMのリセットをしようとしても
なかなか元に戻らない

さらに30分

イライラしながら待っていると

中から1円玉が出てきた

そういえば
お札を入れた時に
なんか音がした気が

自分が札を数えるところに
硬貨を混ぜてしまったのが原因らしかった

警備会社の人に謝り

一目散に退散

やっぱり疲れている時は

ろくなことがありません

2009年6月28日 (日)

早起き

たぶん
一日のうちで一番好きな
日常的な行動は

お風呂

そして

睡眠


おそらく同世代では
睡眠時間はかなり長い

最低でも6時間
普通で8時間
暇だと10時間
休みだと12時間

なにせ
体が痛くなり、肩コリが激しくなるまで
寝る

先日ある友人に
寝過ぎるのも良くないと言われたが

長生きするより
心地よい睡眠をとりたい

そんな自分だが

今日はかなりの早起き

このブログを書いている時間を見てほしい

それで
寝ていないかというと

違って

昨日は11時には寝ていた
から

仕事もいっぱいあるので

早く店に来てしまった

さあ

仕事、仕事

2009年6月27日 (土)

また、、、

やっと

吉祥寺の店舗は

厨房が機能するようになり

たぶん
必要な物もすべて???
買ったはずで

スタッフさんもすべて揃い

後はオープンを待つだけ

あっ

メニューだけ出来てません

まあ、自分が時間が無く
pcに向き合ってないだけで
内容は決まっているので

今日にも出来上がります

皆様にご心配頂いた怪我も

もうだいぶ回復しているようで
右手も結構動かせます

ところで
昨日の朝は
驚きました

また、自分が高校生の頃から
活躍していた
偉大なアーティストが、、、、

今年はツずきます。

御冥福を祈ります。

2009年6月25日 (木)

年月

この業界に入って
すでに15年以上が過ぎた

飲食業に入る人の平均からすれば

27歳というかなり遅めのデビューだった

あまりあちこちの店を渡り歩いたタイプでもない
300bの前は江古田の居酒屋だけ

江古田でも
一緒に働いていたのは
20代前半ばかりで
300bに来てもそれは変わらない

2日前
今現役のスタッフのお父さんが
飲みにきた
自分より8歳年上

同年代というわけでもないが
似たような年ごろ

ただ境遇はかなり違うが、、、

方や
公務員で2人の子供のいる家庭を持っている

自分は飲食業でひとり者

そのオヤジ
公務員だが仕事には関係なく
結構、口が悪くておもしろい

そして
骨折をしているというのに

飲み過ぎた

でも
おもしろい夜であった

2009年6月24日 (水)

西へ東へ

吉祥寺スタジオーネの工事が始まったのが
ちょうど
6月1日

この一か月

毎日

吉祥寺

その他
買い物や手続きで
あちらこちら

ついでに
病院にも

ちなみに

これまで
この店300B ONEをやりはじめてから

外出というのは
あまりしなかった

ほとんど
店と家の往復ぐらいなので

電車とは無縁の生活

6年分の電車移動という感じ

もう後一週間で

吉祥寺スタジオーネもオープン

ラストスパート

7月1日
楽しみです。

2009年6月23日 (火)

フランチャイズという名のコンビニエンスな経営

朝から
メディアをにぎあわせている

セブンイレブン

両者の言い分はごもっとも

別段

どちらが悪いというわけでもないし
公正取引委員会の裁定が
正しいというわけでもない気もする

この話は
そもそも論
に戻ると分かりやすい

公取が言うことは

通常の企業間競争で生じている事例
というならば
まあ、正しいと言えるが

セブンの店主とセブン本体は
通常の企業と企業ではない間柄

お互い同士が寄生しているからこそ成り立つ
ビジネスモデルで
その両者が寄生をすることで
リスクから逃れている

そこには必ず
厳密なルールが無ければならない
どちらかがどちらかを食い物にしだすと
どちらも生きていけなくなるはずだ

こういう言い方がいいかどうか
わからないが

世の中にはフランチャイズという
安易な経営手法がある

フランチャイズに加盟するほうは
お店をやるために必要な
仕入れから販促までのノウハウを買い取り
安易にお店を始める

ノウハウを売るほうも
同じノウハウを誰でもいいので
お金があれば売り払う

しかし
そんな便利で簡単な手法でお店を始めても

小売業にしても飲食業にしても
いったん始めてしまえば
厄介な問題は山ほど出てくる

しかも
フランチャイズの場合
利益が出ても
もっていかれるものが多い

感じることだろう

基本的に事業を行うことについての
認識の問題のような気がする

今や巨大企業となったセブンイレブンも
フランチャイズという
リスクの少ない
ビジネスモデルはそろそろ転換期に来たのかもしれない

2009年6月22日 (月)

ぐるぐるまき

本日は
病院へ

一週間に一度

レントゲンを撮るだけ

昨日の話ではないが
それでも
朝9時に出て

店に付いたのが今

鎖骨骨折経験者が意外にもかなり多い事は
以前にも書いたが

受けた治療も様々

大きく分けると
手術をした人
しなかった人

しなかった場合
肩にギブスをはめられた人
包帯でぐるぐる巻きにされた人

いろいろだ

ちなみに
自分の場合はどうなっているかというと

手術はしている暇がないので

肩を固定することに

まず
肩に鎖骨固定用の
背負うものがないリュクのベルト
だけのようなものを
背負わされ

三角巾で腕を吊り

肋骨子骨折用のベルトで
腕と胴体を固定

見た目はかなり大袈裟

この状態で6週間

はじめ言われたが

今日
あと2週間で
三角巾と肋骨ベルトは外していいらしい

それでも
一か月

といっても
最近は慣れてきたので
外している時間も多い

肩も結構、動かしているかもしれない

今日レントゲンで見てもらうと
きれいにくっつき始めているらしい

ちなみに痛くはない

痛み止めも最初に貰ったが
2回飲んだだけ

後は余っている

この姿になっておもしろいと思うのは
街で出会う見ず知らずの人の反応

少し失礼かも知れないが
巨乳ちゃんの気持ちがわかる

まず、間違いなく
胸のあたりに
かなりの視線を感じる

そして
腕を吊っていると
その重みで

肩コリが、、、

2009年6月21日 (日)

日曜 雨の朝

子供の頃から

といっても

かなり幼かった頃から

日曜日の朝は
なぜか早起きすることが多い

日曜の朝は
東京にいても
街が静かなような気がするのは
単に交通量が少ないせいなのか

今日は雨なので余計に静かな感じ

最近の忙しさのせいで
酒も飲まず、早寝なのに
今日は
体に鋼鉄でも埋め込まれているように重かった

骨折の為のぐるぐる巻き生活も
慣れたと言えば馴れたが、、、

早起きは三文の得
というが

今日は朝から気になるテーマの番組が二つ

ひとつは
病院の経営の話
そこの経営者の方は
病院でも患者さんに対する礼節が大事だと考え
病院の運営は好調だという
その経営者の方は
市役所などでもサービスの講習などをしているという

簡単な話
同じ金額の商品ならば
よりサービスが良いほうにお客は向かうという話

もう一つ
てっぺんという居酒屋さんのお話
これも話の内容は同じ

自分も同業種なので何回も聞いたことはあるし
メディアでも見たことがある

誕生日の祝い方などは尋常ではない

それがとても受けているらしい
目指すは
居酒屋のディズニーらしい

その病院も居酒屋も
金額を下げないで
ある意味
サービスを向上させて
業績を上げているので
メディアに取り上げたらしい

たしかに
病院も役所でも
礼儀正しい態度は良いと思うが

病院には最近よく行くので
思うことは
ちゃんと病気を治してもらうことが大事だろうし
できれば
待ち時間が少ないことのほうが
嬉しいと思うのは自分だけだろうか

特に
診察のほうは時間がかかるのも
しょうがないのかもしれないが

清算や薬をもらう待ち時間は長すぎる

役所は便利であればいいのではないだろうか

居酒屋は本職なので
言えることはたくさんありすぎるが
ド派手なお祝いもいいのかもしれないが

自分の好みではない

それより

スタッフさんは大変なのだろう
だって
毎日ですから

2009年6月20日 (土)

ぐるなびのカメラ屋

昨日の取材

はじめて

ぐるなびでは
カメラマンを依頼した

通常は自分で写真は撮るのだが
いかんせんこの肩では
写真も撮ることが出来ない

当店担当の営業が
お勧めできるという
カメラマン

営業も立ち会うことが出来ないが
彼なら大丈夫だという

ひとりでやってきた
彼は
さっさと準備に入り
いつでもokの状態

一品ずつ取る時間は
かなり早い

実は知り合いにもたくさんカメラマンもいるし
これまでも
撮影に立ち会ったことは何度もあるが

写真を撮るスピードは写真の出来の良し悪しの
一つの尺度になる

これまでのパターンだけでなく
自分でとっていても
いつも思うが
時間がかかる場合は
だいたいいい写真になることが無い

最近はデジカメの品質が向上したことも
あるのだろうが

食べておいしくないものを
撮っても
美味しそうにはなかなか写らない

写真の出来上がりが楽しみだ

ちなみに
今日のテーマは
西麻布のダノイのマダム 真理さん
のブログテーマとかぶっている

何気なく
カメラ屋の蓮見さんと話していると
真理さんも良くご存じだという

そして
今日のダノイさんのブログも、、、

偶然偶然、、、

2009年6月19日 (金)

取材

今日は

朝から撮影ラッシュ

新店舗のぐるなびさんの撮影

同時に
東京ウォーカー

シェフの希望により
同時刻撮影でやることに

理由は簡単

写真を撮る人は2名
料理は一つ作ればいいから

午後一時から
さらに
取材
これも
東京ウォーカー
こちらは
300bのビール企画

そして
その撮影は
夜客席の撮影7時で終了らしい

今日もなかなか
大変な一日になりそうだ

300B ONE 池袋総本店 のサービス一覧

300B ONE 池袋総本店