プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

料理を造る仕事こそが天職だと思いこの世界に飛び込んだのが17年前です。8年前に古くから続くこの店を受け継ぎました。得意とするのは日本・韓国をはじめとするアジア系の料理です。現在お店の核となっているメニューはステーキ・焼肉です。店を始めた頃から出入りしている肉屋はあの超有名店にもうちと同じ肉を卸しています。肉の鮮度の良さには自信があります。デザートもケーキ・プリンは自家製です。おじいちゃんの代から続くケーキ屋の末裔なので自信があります。なお、当店ではアジア系の料理に限らず、世界の料理を楽しむことができます。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年8月 | メイン | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

リクルート

吉祥寺は
若い人が多い

ように

見える

東京でいちばん住みたい街
なので

若い人が多いように見えるが
実際に
吉祥寺何番地というところに住むのは
お金持ちの家持ちの年配の人なので

スタジオーネのように吉祥寺の駅には近いが
住宅街の入り口近くの店には

年配の方が中心客層となっている

吉祥寺の中心街にも街の先住者たちは当然行くのであろうが
いつも人で賑わい
ちょっと落ち着かない雰囲気の店は
避けられるようになるのかもしれない

なので

意外な場所の意外な店が
いい値段を取る高級店だったりする

吉祥寺でぶらぶらしている若い人というのは
吉祥寺から少し離れたところに住んでいる
学生やフリーの人、もしくは社会人

というのが
自分のここ4か月ぐらい
吉祥寺の街から学んだことで

この傾向は
自分が若い頃
東京でいちばん住みたい街であった
下北沢にとてもよく似ている

自分は福岡県出身の田舎者なせいか
東京に来てからというもの

どこの街に住んでも、働いても
よそ者感覚で街を見てしまう

そして、その街の人になり切るということも
これまではしてきたことが無い

さてそんな吉祥寺の傾向はよいとして
このまま、営業していっても

スタジオーネの未来像は限定されそうな感じがする

自分の飲食店というものに対する
考え方の基本は
美味しいものを作るということ
そして
大衆的であること

さらにいえば
大衆性の中で最も重要な要素は
若い客層

いつの世も若い人々がこの世を作っていく原動力になる

勝手に思っている

若い客層が通るのは吉祥寺でも
人があふれる中道通りやサンロード、もろもろで

スタジオーネも場所は悪くないが
スタジオーネの存在を知らしめてくれるような
施設やアミューズメント、お店というのは
近くに無い

ということで
今日300Bの原稿の打ち合わせにきた
ホットペッパーの営業のねーちゃんと

なぜか
吉祥寺の店の相談

いつもは使えないこの娘も
吉祥寺の話になると使える情報を
結構持っていたりするので
おもしろい

さすが若いだけはある

ホッペッパーの営業のねーちゃんも
当店の担当になって
自分が初めてまともに相手をしたので

喜々としていろんな情報を話してくれた

そして、一つ驚いたのが
リクルートさんのホットペッパーの値段設定

当初は9分の一ページで九〇〇〇〇以上取っていたのが
8分の一ページでネットを付けないと
かなり値段が下がっていた

驚きの価格破壊かもしれない

リクルート社が
広告媒体で値下げをするなんてことは
ついこの間まで
あり得ないことであった

何があっても値段は下げないが
ちゃんと結果だけは出していくのが
これまでのリクルートだったのだ

ひさしぶりに驚かされた

と同時に少し不安にもなった
ちゃんと結果を残せるのだろうか

そういえば
最近のホットペッパーは不調かげんが甚だしい

やはり、社内に重鎮クラスがぬけているとしか
思えないが、、、

昔であればこれだけは変わらないという社風と
それを守りぬける年代層がいたものだが、、、

そういう会社を支える
アツイ力が
抜けたとたんにダメになる会社
というのを
最近も別の機会に見たことがあった

そうでなければよいが、、、

2009年9月29日 (火)

$0,79

アメリカのマクドナルドハンバーガー

値段だ

おそらく
食料原価率や人件費などは
多少の差異があるにせよ

日本と大して変わらないと
思われる

ということは
今日の朝一ドル=90円として
ハンバーガーはアメリカでは70円ぐらいということになる

安い

ハンバーガーだけで
判断できるわけでもないが
おそらく

一ドル=80円台なんて

とんでもない円高のはず

今回の財務大臣さんは
マスコミでは切れものといわれているらしいが

やはり80近い御老人にこの国の経済なんて
まかせないほうがいいと思うが、、、、

もっと有能な若い人はいくらでもいるはず

ここで日本の経済論を展開してもしょうがないが
今のところの現状認識でいえば
超貿易立国型で
超輸出依存経済
である
という認識に立てば

政策的な介入をしてでも
正常な円ドルバランスを取り戻すべきなのでは、、、

内需拡大型の経済立国を
日本がしたいのなら
育児、子育て支援もいいかもしれないが
移民を簡単にするべきかもしれない

こんなに単一民族だけで
国家を保護主義化している国も無い

そろそろ日本も開国すべきでは

なんてチキンタツタを食べながら
思った。

2009年9月28日 (月)

さんまの炙り寿司

たまには
飲食店のブログらしいブログでも
書いてみようかな

今年はサンマが豊漁のようで

先程、近くの市場に行くと
やはり
サンマが大安売り

種類も大きさごと、産地ごとに分かれている
ほど
入荷量が豊富

サンマ、サバ、イワシなんて
昔は
皆こんなものだったというぐらいの値段

近年、不良の年が続いて
サバやイワシまで高級魚並みの値段がついていたが

今年はサンマだけは安い

もちろん、サバ、イワシはまだ高いが、、、

子供の頃から良くい食べていた魚

どこで覚えたのかすらわからないが
目の前にあれば
どういうふうにも料理できる

最近、あるチェーン系居酒屋に行くと
しめサバの炙りずしというのがあり
頼んでみると

しめサバの棒寿司が出てきて
店員が目の前でバーナで炙ってくれた

ガス臭くて生臭さがたってしまっていた

おそらく
少し時間がたってしまったしめサバだったのだろう

もちろん
しめサバの棒ずし自体は保存食なので
悪くなっているということではないが

酸化した青魚の脂は臭みが強くなる
それゆえ
炙らないほうがいい

鮮度が良ければ
魚の皮面を炙って少し落ち着かせれば
とろけるように美味

当店でも
数量限定お勧め品で
発売中
さんま炙り寿司 500円

2009年9月27日 (日)

本日、トラブルあり、なぜか吉祥寺ナイト

神はいるのかもしれない

もちろん

居ようがいまいがかまわないが

さて
吉祥寺のスタジオーネで

昨日も
店長を相手に
くっちゃべっていると

じゃーーーー

どうしたのかと思えば

保健所の検査用にとりまわした
パイプが水しぶきをあげてる

夏の噴水かよ???

一瞬にして水たまりになり
あわてて店長が店全体の給水弁を占める始末

検査用のパイプに問題があり
給水停止にした

今日、300bのピークタイムに連絡が

店長より

コンベクションオーブンより水が噴き出したという

今度は排水


というわけで
クラシアンさんに
排水溝の詰まりを取り除いてもらい

すでに
午前3時スギ

毎日
眠りすぎの罰ゲームのようだ

現在午前3時21分

さっすがに

ねむいわ

2009年9月26日 (土)

ふくろう祭り

毎年
秋が本格化してくる

この時期に

池袋の西口辺りは
お祭りが始まる

いろんな法被を着た人が練り歩いて

神輿を担ぐ

池袋は人が多過ぎるのか
どこからどこまでが
どの神社のどの町会の祭りなのかは

いまだに自分には不明だ

そもそも
ふくろう祭りは何のお祭りかも知らない
まあ
これからも知ることはないと思う

そんな、よそ者感たっぷりで
毎年祭りを見ている

なにしろ、明日の昼辺りは
どこの通りにも
いろんな法被を着た人が
たむろしている

しかも、来週もお祭りだということは
知っている

田舎の場合は
何とか神社のお祭り
何とか町の盆踊り
というのは
完全に決まっているもんだ

東京でも
池袋のような巨大ターミナルシティーの場合は
その区分けも何も
よくわからない

駅前はいろんなイベントもやっているし
眺めている分には面白いので
それで良い

皆様も
見物がてら
西池袋を
うろつくのも面白いかも


2009年9月25日 (金)

公的資金注入???

確かに
日本航空は公共の交通機関

とは

言えるが

無くても別にいい

だって
全日空があるし

公共性は著しく低くなりつつあるんじゃないか?

思わざるを得ない

公共性について
当店も一度だけ揉めたことがあるのを
思い出した

価格コムがやっている
タベログというサイト

当店の掲載をやめてくれと
言ったら

電話帳のようなもので
飲食店なら
公共性があるので

タベログに乗せるのは
価格コムの勝手だと言われた

それほど、そんなつまらないサイトに
こだわる気もなかったので
その時はそれで終わらせたが、、、

そんなサイトのみなさんが当店にそれほど公共性を
認めてくれるとするなら
潰れそうになったら
カンパでもしてくれるのだろうか?

日航なんて
思い切って
売っちゃた方がいいのでは

資産だけなら
何兆もあるんだし

思うのは自分だけだろうか?

2009年9月24日 (木)

たぶん、ダムなんていらない

福岡県人の自分は
幼少期に

節水を心がけるように
育てられた

ゆえに

飲食業に入ってくるスタッフさんたちが
水を流しっぱなしで
洗い物をしていると
口癖のように
「東京都は水道代がかかるから、やめてくれ」

言ってきた

普通の家庭に育った人は
お茶碗などを洗う時に
水を流しっぱなしで洗うらしい
でも
洗剤で茶碗を洗って
から
流せばいいと思う

出来れば、水はためておいて
出来る限り洗剤は薄くして
ゆすいでしまえば
それでことは足りるはず

別にせこいわけではない

水は大事にするべきだ

福岡県はその昔、必ず水不足になっていた

それゆえかどうか知らないが

実家の近くを流れる川の上流には
ダムが二つもある

小学生の頃はダムは一つしか無かったので
その川は水量も豊富で

夏は川で泳いで
なまずやフナを捕まえて遊び

夜は蛍が明る過ぎるぐらい飛んでいた

東京に上京して
しばらくしてから実家に帰り
川に行くと

水もたいして流れてなく
ホタルも出てこず
遊んでいる子供も居なくなっていた

最近実家に帰ると
すでに、建売で開発された一軒家の集合団地は
老人ばかりが住むところになっていた

川は水がほとんど流れておらず
自然も消えていた

最近話題になっている
ダムは
昔の必要性に引きずりまわされている
だけ
のような気がする

ダムなんて、、、
そなに必要なんだろうか

自然がたくさんある暮らしのほうが
良い気がするが、、、

都会で暮らす自分が言うのも変かもしれないが

2009年9月23日 (水)

ポカリ

朝から
テレビ東京を見ていると
ルビコンの決断

やっていた

大塚製薬が昭和56年から売り出した
ポカリスウッェト

ちょうど自分が
12歳のころだっただろうか
中学生に上がった時に
卓球部に入って

大会に行くと貰えたポカリ
確かにあの頃は
違和感のある飲み物だったのは

よく覚えている

無料で配られなかったら
誰も飲むはずがない


その当時の人なら思っただろう

あれが大塚製薬の戦略であったとは
知らなかった

今の若い子たちは知らないだろうが
それまでは
今のようにたくさんのスポーツ系飲料はなかった

昨日書いた
斉藤さんの本のエジソンのページを読んでいると
「1%のひらめきと99%の努力が偉大な発明を生む」と
エジソンは言った意味は

1%のひらめきが無ければ
努力には意味がないということらしい

スポーツ系飲料という素晴らしいひらめきを
最大限に活かした
大塚製薬の社長はすごい人だったのだろう

なにしろ
最初は何十万本も無料で配ったというのだから

大博打を打ったというしかない

その番組でも言っていたが
その大博打の根拠は
商品に対する自信に他ならない

改めて商品力の大事さ

朝から思い知らされた

2009年9月22日 (火)

メモ

最近は電車に乗る機会も多いので
乗車中は手持無沙汰

いつも

車窓を眺めて
まあ

子供の頃から
車窓の旅は好きだが、、

どうしても
店のことばかり考えてしまうので

それも
あまり良くないと思い、、、

店のことを考えるのはいいことかもしれないが

自分の場合は
いいアイデアは

人と話している途中で生まれてくることが
非常に多いので

電車の中ぐらい
頭をリラックスさせたほうがいいので

仕事とは無縁な本を
駅中で買って読んでいる

斉藤さんという明大の教授が書いている
新書
一流の人間になるにはどうしたらいいのか?
という
ちょっと興味深げなタイトル

ひかれた

その前書きに
彼はメモをいつでもすぐにとる重要性を説いていて

まえがきを読みながら笑ってしまった

先日当店の社員君に
同じことを話したのだが

つまり
なんでもいいから
すぐにメモを取るように言ったのだが

次の日に彼の行動を見ていると
全然メモを取っていないことにきずいて
自分はこう注意した
『どうしてメモを取らないの?昨日言ったじゃないか?』

すると
社員君
「メモを取るというのを書いたメモをなくしました」と

結局

仕事のことを思い出してしまった

2009年9月21日 (月)

空気を読む人種

先程
自転車で通勤していると

工事現場で騒がしい声が聞こえる

見ていると
黒人系の人が作業をしていて
現場監督らしき人が大声を出している

やはり、土方などのきつい仕事では
いくら失業率が上がっても
日本の人はあまりやらないのだろうか?

話は変るが
日本では昔から
3歳にして男女席を同じにせず
なんていう
6歳だったかも?

まあ、何歳でもよい

現在でも
同じ職場で結婚などをした場合は
どちらかが
その職場から去ることになるのは常識

海外では
その辺はどうなっているかは知らないが

日本では
やはり、当人たちよりも
その職場の空気が乱れるので
周りの人間たちが
仕事をやりにくいという配慮からであろう

当店でも
毎年のように
別にくっつけているわけでもないが
スタッフ同士が
くっつく

これがややこしい

そして、実務上困ることは
当然だが
週末やクリスマスなどに
二人同時に休んでくれる

ややこしい

まあ、どうせ後、半年も居ない4年生だから
よいのだが

ややこしい

ややこしやー
(踊りたくなった)

イラッとする

300B ONE 池袋総本店 のサービス一覧

300B ONE 池袋総本店