プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

料理を造る仕事こそが天職だと思いこの世界に飛び込んだのが17年前です。8年前に古くから続くこの店を受け継ぎました。得意とするのは日本・韓国をはじめとするアジア系の料理です。現在お店の核となっているメニューはステーキ・焼肉です。店を始めた頃から出入りしている肉屋はあの超有名店にもうちと同じ肉を卸しています。肉の鮮度の良さには自信があります。デザートもケーキ・プリンは自家製です。おじいちゃんの代から続くケーキ屋の末裔なので自信があります。なお、当店ではアジア系の料理に限らず、世界の料理を楽しむことができます。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年6月 | メイン | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

BFFT

先日も書いた

依田さん

1975年にこの店を
23歳の若さでオープンさせた

その当時は
まだまだ
喫茶店全盛時代で

この店も
喫茶店として
オープンした

それからだんだんと
アルコールを置くようになり

80年代に
トロピカルチューハイブームを
起こして
居酒屋化していく

ちなみに
今では当たり前の
レモンハイ、グレープフルーツハイ、ライムハイ
というのはその当時なく

チュウハイというのは
焼酎をソーダで割っただけの飲み物

今はやりの
ハイボールが
ウイスキーのソーダ割り

故に
焼酎ハイボール=チュウハイ
と呼ばれた

自分もその当時の現場証人ではないので
確実とは言えないが

甘いレモンやグレープフルーツのコンク(シロップ)

チュウハイの中に
入れて
売り出したのは

依田さんらしい

その後も
ウイスキーブームの中で
カティーサークを日本で一番売りあげたり

カクテルブームにも乗って
お店を大きくしていった

ちなみに
今の300B oneが1号店
300BⅤが5号店

その間には
2,3があったが
途中でつぶれたらしい

さて
そんな歴史を見ていると
300B

昔は
料理が弱かった
というか
ジャンク系料理が
昔は多い店であった

その最たるものが

BFFT
300Bの名物料理というやつだ

Bacon
Frankfurt
Friedpotato
Tomatosauce
の略称

この料理が出来た由来

ある日
この店に
いきなり
団体のお客さんが入ったらしい

まあ、パーティーだ

ところが

冷蔵庫にはすでに
なにもなく

困ったキッチンのシェフは

冷凍庫にあった
potatoをあげて

BaconとFrankfurtを薄切りにした物を
炒めて
そこに揚がった
Friedpotatoを入れ

Tomatosauceで味付けして
お客さんに出したという

それが
おおうけして

それ以来
名物料理として定着したという

味のポイントは
Tomatosauce
だが
その当時
デミグラスソースの代わりに
ハンバーグなどに掛かっていた
あのsauce

知りたい方は
ご来店ください

ではでは
 

2010年7月30日 (金)

ちょんぼり

当店の売りは

何といっても

お肉

やっと出来あがった
次回メニューは

さらに
お肉メニューが充実した

先日書いた
ハーブティーも

今春から
付き合いを始めた
トーホーフードさんの
美味しいアイスコーヒーも

実は

肉料理の脇役たち

脇役が充実していないと
主役も引き立たない

話しは全然関係ない方向のことだが
先日
自分の保険の営業担当さんが
替わったと言うので
挨拶に見えたが

その方は
前職が女優さんのマネージャー
その女優さん

小西真奈美さんだという
彼曰く
なかなか主役で映えないが
わきを固めると評判がいいという

良い女優さんだけどな~

話を戻せば
当店のメニュー

肉が中心であるがゆえに

お肉の仕入れる量は
半端ではない

そこには経済的な原理

必ず働き

大量に買うことで
新鮮で良い物を
安く仕入れることが出来る

しかし
いらっしゃったお客さんが
100%
肉ばかりを好むわけではない

そこで
お魚のメニューも
当店にはあるが

いかんせん
魚屋さんは
いい加減なのだ

お魚なんて
同じように見えても
実際に見てみなければ

同じさんまでも
内容は
まったく違う

大店の和食店などは
それでも
魚屋に
店までもって来させて
腹を裂いた後に

使えなければ
返品も可能だが

当店のように
脇役程度にしか使わない
量の
仕入れでは
魚屋さんもまともなものは
なかなか持ってこない

いわゆる
ちょんぼり
した
魚しか持ってこない

というわけで

当店では
毎日新鮮な鮮魚を
扱う
近くのビック築地さん
という
築地の仲卸の魚屋さんがやっている
市場

お魚は仕入れる

自分自身の目で確かめて

まあ
結構手間と言えば手間だが

半分以上は
趣味かもしれない

2010年7月29日 (木)

依田さん

9年前の今日12時45分

電話が
その3分後になった

前の日も飲んでいて

まだ起きたばかりだった

もう一ヶ月前から
もたないだろうとは
聞いていた

その年の7月は
飲みに行っても
いつも荒れていた

話はさらに
さかのぼり

もう15年も前になるだろうか
この業界に入って
2,3年したぐらいの頃

当時働いていた
江古田酒菜家という居酒屋

カウンターに
夕暮れ時なると

2日に一度は
必ず顔を出し

カウンターで
バランタインのロックをすすっていた
オヤジ

それが
今の300Bの創業社長の依田哲志氏

元々は
その江古田の店の社長だった
富沢さんと
友人だった

依田さんは
その当時は
もう現場は
一切任せて

社長業のみだったので
夕暮れ時には
暇になり

江古田に飲みに来ていたのだ

飲みに来るときは
よく何か試作品を作って
富沢さんの評価を聞きに来ていた

料理人ではなかった

アイデアマンで

新しいことが大好き

およそ世間で流行しそうなものは
2,3年前には
メニューにして
はじめていた


そんなわけで
江古田酒菜家と300B

メニューも
同じものが多く
さながら
姉妹店のような関係だった

そして
なぜか
依田さんに

自分は気にいられていたようで

仕事中に厨房で働いていても
いつも呼びつけられて

カウンターで
酒を飲んでいた

もちろん暇な時だけだが

そのころは
まだ
バイト君だったので

社長が働いているのに
悪いな
とは思っていたが、、、

その依田さん

お酒が大好き

時には
というか

しょっちゅう
朝まで付き合わされていた

話は
いつも
お店のこと
料理のこと
まあ
そんなところだろうか

そして
9年前
突然
依田さんは
入院

お酒の飲み過ぎによる
肝硬変
その年の正月に

聞かされた
余命は半年

何度もお見舞いに行ったが
その時も
話は
お店のこと

本人はまだまだ大丈夫と言っているのが
辛かった

そして
今日が
命日

教えて頂いたことは数知れず
面白いオヤジだった

そう言えば
葬式の日は

ピーカンかと思ったら
突然、大雨
そして
また青天

まるで
激しく生きた
依田さんの人生のようだった

2010年7月28日 (水)

オティー貿易

マニアな話だ

今年のフーデックスでは

最初から狙いをつけていた物が
いくつかある

当店のパーティー需要は高く

ややもすれば
メニューもお決まりのパターンに
陥りがちになる

もちろん
お客さんは

始めていらっしゃる方のほうが
たぶん多そうなので

同じようなメニューでも

そこまで問題とはいえない
かもしれないが

価格や品数などだけでは
他の店舗と
そうそう差別化も図れない

昨今

パーティメニューにも
いつも
新しいメニューを登場させたい

ところが
パーティーメニューとして
お出しすることが出来るもの
というのは

結構制限がある

まず
オペレーション的には
一度にたくさん作ることが
出来なければいけない

そして
ほとんどが皿から
シェアして食べる料理になるので

お客さんが取り分けやすいもの
この二つの条件は

外せない

そこでおととしの展示会
あたりから

よく目にしていた

2センチ四方もしくは丸型の

クッキーというかタルト

興味を抱いていた

興味はあったのだが
他をアチコチ見ているうちに
忘れてしまうというパターン

を今年は
変えて

早速、その商品があるブースに
今年は向かった

そのタルトを輸入販売しているのが
オティー貿易さん

丁度その営業さんの地元が
池袋なので

たまに飲みに来るがてら
商品紹介をしてもらっているが

そのタルトは
買うには買ったが
まだ
試作段階

その営業のkさんと話しているうちに
飲み放題の話になり

最近では
お酒を飲む人が減った
ことなどを話していると

じゃあ
ハーブティーでもどうですか?
という話になった

オティー貿易さんは
本来はhttp://www.ronnefeldt-matsue.com/erudite.html
ロンネフェルト紅茶

輸入販売代理店だと言う

昨日
kさんに
サンプルをたくさんいただいた

今日から
試飲だ

2010年7月27日 (火)

有線放送

飲食店に限らず

美容院でも病院でも
ホテルでも

いろいろなところで

BGM
というのは

いつも流れている

この有線放送の音楽を配信しているのは
大きく分けて
2つの会社

株式会社USEN
一時
株のことで
有名になった
あの会社

CANシステムという会社だ

実は
有線放送で音楽を配信している
会社は
あと何社かあるにはある


そこはアンタッチャブルな方々な世界らしい

さて
この有線音楽配信会社は

ほとんどヤクザまがいの会社だったりする

その昔は
勝手に電柱に線をつけて
いろんな施設に有線を引いたりしていた

らしい

まあ
古い話だが


その伝統は
いまだに両社に残っていて

契約を取ったり取られたり

あっちが100円下げれば
こっちが100円下げて

さながら戦国状態


そんなことは勝手にやっている分には

自分には関係してこないが

当然
どちらかの会社に

その地域で
いわゆる戦闘好きな営業さんが入ってくると
戦争がおこる

当店で使うBGM

2種類だけ

平日はスタンダードジャズ
金土はビートルズ
なので

どちらの会社を使うかは
安いほうということにしかならない

音楽が変わるわけではない

先月まで当店は
USENを使っていた

いろいろな人間関係で、、

そこにCANが営業をしかけてきた

半額以下の値段で

そこでCANにした

そこまではいいのだが
問題が起こるのはそれからだ

これは昔からだが
有線放送の解約も申し込みも

営業さんが勝手にやってしまう
自分は
変えるかどうかを決めて、
工事日を指定すればいいだけ

そして
CANがUSENに
解約届けとこれまで使っていたチューナーを
まとめて送って

ことは終わるが

いつもそうなのだが

その解約届けを受け取った日から
USENの営業が
動き出し

解約するのには
一か月前に予告が必要だとか
止めれば違約金が必要とか
いろんなことを言い出し

それで
こちらが納得しないと
CANより安くするから
とか
CANの一年分を出すから
とか

毎日のように詰め寄ってくる

ヒツコイ

まるで大好きな恋人に捨てられそうになり
懇願する人のような状態で

ねちっこく電話をかけてくる

今回は
池袋と吉祥寺の
どちらも変えた
池袋の若造は
直接顔を出したので
一時間ぐらい話して解決したが

吉祥寺は
ネチネチUSEN営業

最後には
2年契約なので
一年目でやめれば2年分の使用料を払え
と言い出した

面白いことをいう
まあ、今回はその言葉が命取りとなった

当たり前だが
そんな話を聞いて
契約する人などいない

それは事前通告していないので
契約無効だよ

というと

ようやく引き下がった

丸々ひと月だ

すっきりした

飲食店の皆様は
有線音楽配信会社を変えるときには
ご注意を

2010年7月26日 (月)

深夜のファミレス

昨日は

恵比寿 笑龍の店長 横山さん

御来店

夏のイベント
フジロックに出店されるそうで

そのスタミナをつけるために

ステーキ食べ放題に居らっしゃった
http://r.gnavi.co.jp/g785600/

店もそれほど忙しくもなく
ゆったりした営業だったので

少しお話

『松井さんは他の店にはあまり行かないんですか?』

確かに
今年になって
行った店と言えば数えるほど

だと
その時はお答えしたのだが

その後
早めに店を抜けて

家に帰ろうかなと思ったら

電話が、、

お誘いだ

最近
夜は飲みに行ってない

まだ時間も早かったので
たまには
少しぐらいいいかな

思い

ホルモン屋へ

アッ

よく考えると
深夜には

西池界隈だったら

結構あちこちに行っていた

そして
深夜に飲みに行って
最後にたどりつくのは

いつもファミレス

今のファミレスは
深夜に行くと結構便利

暑い季節でも寒い季節でも
空調は快適な状態だ

食事も出来れば
つまみもあるし
選ばなければ
お酒もだいたいあるし

デザートも豊富で
ドリンクバーもある

もしかしたら一年で
一番良く店は

ファミレスかもしれない

喫茶店代わりにもなるし

だが

いつも思うのだが

深夜に営業をしていても
もうからないことだけは

確実なんだろうな

売り上げベースで見ても

自分のところ以外では
酒を飲んでるわけでもないし

皆ドリンクバーを頼んで

後は漫画を読んだり
パソコンやったり

ひどいのは
完全に寝てるし

昨日は
そのファミレスは
試験が近いこともあって

あちこちのテーブルで
学生が勉強していた

他の時期にも
同じファミレスに行くと

いつもガラガラ

自分は
その空虚感が
なかなか嫌いではないのだが、、、

深夜族もたまには
面白い

2010年7月25日 (日)

大衆店の心理

昨日の今日で

自分が大嫌いな
食べログとやらに

また投稿された

あのサイトの何が嫌いかと言えば

勝手に掲載すること
当店の情報の削除には応じないこと

口コミ
当店に来てくれた
お客さんが

どのように当店を評価するのかは
自由だとは思うが

公にするのであれば

自分の
住所、氏名、電話番号ぐらい
ちゃんと
公表してほしい

別段
当店の批判を書いたお客さんに
抗議しようと言うのではない

非があれば非があったところは
謝罪もするが

書かれっつぱなしでは
話のしようもない

自分は言いたいのだが

お店の批判を公になさる方

あなたの仕事を
私がのぞいて

あなたの実名入りで
批判を公でされればどうお思いになられますか?

しかも、私は氏名、連絡先の公表もせずに

などと
あのサイトを見ていると思うのだ

食べログ批判をしたかったのではなかった

昨日の口コミは
別段
それほど悪意があったわけでもなかったが

その記事の中に

冷凍のエビフライと冷凍クリークコロッケ
について書かれていたくだりがあった

その方は
食べ放題においでになったようだ

美味しくなかったらしい

まあ、そんなに美味しいわけはない

自分でも
それほどエビフライとクリームコロッケが
美味しいとは

思っていない

食べ放題にみえる方で
頼まれる方は多い

始めたばかりの頃は
入れるべきではないとも思ったが

いったんやり始めると
皆さん
大好きなようなので

今も残っている

ちなみに
最近の業務用冷凍食品は
実によく出来ていて

その辺の素人半分の料理人が作るよりは
美味しかったりするのも事実

なにせ
研究開発費にかなりの金額が費やされて
出来た商品だ

当店に
食べ放題にいらっしゃる
お客さんの層は

中高生から家族連れ、大学生にサラリーマン
とても幅広い

そう
その範囲に合わせた料理も
当然だしている

口に合わない人も当然いるとは思う

森を見れば
人気者なのだ

その方には説明したい


2010年7月24日 (土)

石の上にも

ということで

今日で3年と一日目になる

このブログ

365×3だと1095記事必要だが

カウントは1074になっているので
たぶん30日分ぐらいは
書いてない日があるらしい

もうちょっとありそうだ

全ての記事をアップさせた
わけでもないから

毎日書いてるつもりだったが

年末などは
書いてない日もありそうだ

まあ
数字など
どうでもよい

そろそろランキングからも
落ちそうなので

これからは
もっとのんびりスキなことを
書いていこうと思う


もうひとつ

新たな目標は

というか
本来書くべき内容を

ちゃんと書こうかな

料理のこと

どこがどういう風に
こだわっている料理なのか

とか
お客さんにはわからない
厨房の風景

ホールスタッフさんの気持ち

などなど

そこまで書いていいのかな~~

もう少しチャレンジ
してみようかと考えている次第。

という第一回目は

毎日毎日ブログを書き続ける気持ち

最初の頃は

やっぱりお店の宣伝だし
ヘタなことは書いてはいけない
気持ちにあふれていたんで

なかなか

ネタ探しが毎日大変

しかも
だいたい毎日同じようなことばかり
やっているんだから

文章にするほどの内容は無い

というのが実情だった

まあ、ゆえに
いまでも
ネタ探しは
大変なのだが

お店のこと以外に
視点を広げれば

ネタなんていくらでもある

特に時事ネタは

突っ込みどころ満載

政治ネタなんて書いたって

ともいわれそうだけど

政治の話って
税金の使い道で

かなり税金を払わされる身としては
どうにかなんないのかと

言いたくなったりするわけで、、


思いのたけを書くようになって

だから最近は
気持ちでは書かなくなり

習慣化しているとしか言いようがない

というわけだ

たぶん
だが

このブログを見て
面白くない人も

たくさんいるんだろうなと思う

まあ、それはそれで良いかな

ちなみに
料理のことを書くときは
写真も入れたいとは

思うのだが

重過ぎて、時間が足りない

使えないサーバだ

2010年7月23日 (金)

整いました

これを書いて

書き終えれば

丸々3年

書き綴ったことになると思う

私の記憶が確かならば

ブログを書いて
365日×3年

最初は
お店の紹介や
料理の紹介

が中心だった気もする

いつのまにやら

それも
面倒になり

自分自身思うことを書くようになった

毎日毎日書いて行くのは

実は
ネタ探しが大変

文章というのを
書くのは
とても好きなことだが

毎日となると

ネタが無い日も度々

もっと柔らか頭で考えれば

料理のことなら
いくらでもあるはずなのに

昨日
レビュアーさんでは

有名な
あの方々がたまたま来た

皆さん
よく読んでみれば

すぐにわかるので

そのことは
皆さまのブログに任せよう

あのブログを書いている奴が
こんなやつとは

思はなかった

昨日も言われた

自分の中では
当たり前だが

同一性は保たれているが

文体が硬すぎるのか

書くことが硬いのか

あえて
コメントを頂こうとは
思っていないのも
確かなので

結果こんな感じにはなるのかな

おそらく
これからもこのスタイルを変えることはない

思うことを思う通りに書いて行こうと思う

写真も
特別、面白いネタがあるわけでもない

このブログに
お付き合いいただいている
読者の皆さま

ありがとうございました

そして
これからも宜しくお願いします

そして
素顔の自分に
逢ってみたい方は

直接店のほうへ

これが
目的でした
^^

今日も
整いました

2010年7月22日 (木)

各論賛成 総論反対

成立する原理ではない

参院議員選挙で
民主党単独政権は逆転

民意と言えば民意だが

ねじれ国会

パーシャル連合などと言えば

聞こえは良いが
そうはいかない

およそ
全体の合意というのが得られるのは

それぞれの多少の意見の違いがあれど

大きな目標を達成できる時にしか

合意は形成されない

ゆえに
各論反対 総論賛成

は矛盾しているようだが

あり得るのだろう

ということが気になる
のは

これから

年末に向けて
国会は大荒れとなり

民主党も一枚岩とならなければ

今でさえ景気が
良いとは言えないのに

これからの経済が心配になるからだ

今年前半の景気を下支えしたのは

良くも悪くも
自民党政権が
作った景気対策

おかげだろうが

これから先は
主な景気刺激策もない

子供手当も
高校無償化も
一部高速道路無料化も

何の景気刺激策にもならない

小沢さん
一世一代の大勝負に出ないかな~

民主党代表選挙で代表になり
総理選出

自民党と大連合

あり得るだろうか

今一つ自信がないが

300B ONE 池袋総本店 のサービス一覧

300B ONE 池袋総本店