プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

料理を造る仕事こそが天職だと思いこの世界に飛び込んだのが17年前です。8年前に古くから続くこの店を受け継ぎました。得意とするのは日本・韓国をはじめとするアジア系の料理です。現在お店の核となっているメニューはステーキ・焼肉です。店を始めた頃から出入りしている肉屋はあの超有名店にもうちと同じ肉を卸しています。肉の鮮度の良さには自信があります。デザートもケーキ・プリンは自家製です。おじいちゃんの代から続くケーキ屋の末裔なので自信があります。なお、当店ではアジア系の料理に限らず、世界の料理を楽しむことができます。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

選択???


ジャンル分けのそういう意味での道具ではないかもしれないが

自分の飲食業運営には欠かせない道具

カメラ

今使っているのは3年前ぐらいに買った
キャノンのEOSデジタルキッス
デジタル一眼レフだ

その前は今から10年前ぐらいに買った
オリンパスのデジタル一眼レフで
その頃はまだデジタル一眼レフも珍しい時代というか
やっと世に出てきた感じだった

いまどき、デジタルカメラで料理の写真をとって
PCで加工して、サイトに載せたり、メニューを作るのなんて
当たり前のことだが

その頃はまだ珍しいことだった

今のデジタルカメラを買った時も随分と
進歩したものだと思った記憶があるが

今回、買い直そうと思って調べると
驚くほどの進歩だ

おそらく次回買うカメラであれば
ちょっとした知識だけあれば、誰でもうまく撮ることができるのだろう

ちなみに今回買い直そうと思っているのは
キャノンのD7か60D

どちらも甲乙つけがたし

本当はこの迷っているときが楽しくもある

なんで買い直そうと思っているかと言えば
今の機種はほぼ使いこなすことができるようになったから

という不埒な理由

まあ、そもそも料理好き、そしてそれを撮影するのも好き

新作を考える、それを写真に撮る、メニューにする

まではとっても楽しい

まあ、そのあとは大変なのだが、、、

それにしてもどっちにするかな??

http://kakaku.com/item/K0000141272/http://kakaku.com/item/K0000055429/

あくまで仕事です^^;

webによる民主化??

今日は月曜日、ついでに月末 
銀行での振り込みは空いている昨日のうちに済ませたので

今日はそれほど忙しいこともない

仕込みはそれなりにあるが、大したこともないので

朝はゆっくり、ニュースを見ていると
チュニジアに続きエジプトが大変なことに、、、

暴動の発端は今はやり??のフェースブック&ツイッター
らしい

もう、20年以上前に共産主義は倒れて行ったが
その時もメディアからの西側の情報が
民衆に伝わり暴動が起こった記憶がある

でも、あのころと今回ではメディアが果たした役割は
明らかに違うように思う。

詳しいことはいまだ分からないが、
民衆のネットの中でのコミュニケーションが
暴動のきっかけをになったようだ

メディアが流した情報がきっかけではないみたいだ

もしかすれば、意図的に既成の反政府組織などが
webを使って暴動を主導した可能性もあるのかもしれないが

そうでないならば、今回の暴動は何処にたどりつくのだろうか?
政府のような大きな組織に立ち向かうとすれば

それなりの組織で、ポリシーがなければ成り立たないような気もするが、、

それにしても
最近のwebの波及力には驚かされる

2011年1月30日 (日)

冬は腹がへる

子供のころから、冬になると食欲が出てくる

人間が太る仕組みは飢餓に耐える為の遺伝が原因という

それゆえか
寒くなる→食べ物が無くなる→あるだけ食べる
という構図は

よくわかる気もする

それは良いとしても
個人的にはこの時期

店が暇になる→運動量が減る→寒いので食欲だけが出る→むやみに食べる
という毎年同じ構図にはまる

まあ、しょうがない

そういえば、焼肉の季節と言えば夏だが
実際には

この冬場の方が食べ放題も多い気がするし

お客さんも良く食べる気もする

今週の週末、3日間は見事なほどに食べ方題ばかり
毎日毎日肉を切る日々だ

話は変わるが、先日も書いたように
食用油をはじめとして今年の春は食料品の値上がりが始まりそうだ

自分が子供のころ
肉と言えばかなりのご馳走だった

もちろん今と違い流通コストも高かったであろうし
対ドルに対して円もかなり安かった

それゆえに
肉、自体が高かった

今は自分がこの世に生れて、日本の肉の価格はおそらく
最安値になっているハズ

こんな飽食の時代がいつまでも続くとは
とても思えない

またいつかは時代が変わっていくのかな~~

少し運動しよう
体が重いな


2011年1月29日 (土)

かれ―なる日々

その昔、本格インドカレーーと言えば
銀座のナイルレストランぐらいしかなかった

もちろんその当時の自分の収入では
なかなか行くことも出来ず

10年前ぐらいからだろうか?
豊島区は海外から来ている人が多いが

この辺にも本格カレーを売りにするカレー屋さんが増えた

値段もそこそこ、ランチだと千円もしない

もともと辛い物やアジア系の料理が好きなので
手軽に楽しむことができる、近所のカレー屋さんには
しょっちゅう行く

メニューなどを見ていて
面白いと思うのは北インド系のカレー屋さんでも
南インド系のカレー屋さんでもナンとタンドリーチキンは必ずある

ナンもタンドリーチキンもタンドールと呼ばれる窯で焼かれるのだが
インドでも北インドからアフガン方面で使われているだけで

インドに行けばどこにでもあるわけでもないそうだ

インドから来ている方々は商売上手
売れるインド料理であれば、その辺にはこだわらない

ちなみに
豊島区も中心の池袋界隈は南系のインド、パキスタン出身の
カレー屋さんが多い

そして少し離れると北系のインド料理が食べられる

昨日は帰りしなに当店裏手にあるGARAさんへ
GARAさんはだいぶ前からやっているお店さんで
インド料理屋さんという感じでカレーオンリーでもない
メニューはどちら系統とも言い難いメニューに

本日は自宅近くの東長崎駅付近のマサラハットヘ
こちらはネパール&北インド系

印象に残るのはクリーム仕立てのホワイトカレー
やっぱり酪農が盛んな北国出身なんだと感じさせる味だった

カレーは医食同源と言われるぐらい香辛料は体にいいものも
たくさん含まれている
西池袋も東池袋も

その近辺の大塚や巣鴨あたりも
千川、椎名町、江古田、練馬あたりも
あちらにもこちらにも

結構たくさんのカレー屋さんがあり
しかもそれぞれに味はかなり違う

皆様もカレーライフ楽しんではいかがだろうか??

2011年1月28日 (金)

一年で一番 暇な時期 

やはり、暑いよりは寒いほうが良い

何て言っていると雪国の人には怒られそうだが
厨房で働く者にとっては冬は楽だ

よく、世間でニッパチは暇だ、何て言うが
当店はその典型的なお店

学生さんがお客さんの半分を占めているので
学校が休み、試験の期間はやはり暇

それでも、8月はやはり暑い、そう暑ければ全く同じことをしていても
仕事量は倍にも感じられる

という訳で、この時期は店も暇で現場仕事も大したことがないので
ゆとりがある


世の中うまく出来ている??
のだろうか??

暇なら暇で来月は決算〆月

そう慌てることもないが、貯まっている事務作業が再開

春以降の商品や戦略や什器備品の手入れ、補充
だけでもなくて

展示会で新たな食材を発見したり、紹介されたり

これまでの商品の見直しも

いつも動きながらやっていることを

ゆっくり眺め直すチャンスでもある

もちろん
さすがに週末は忙しい、現場作業

今日も新商品、新作などの紹介もしたかったのだが

今日はここまで

2011年1月27日 (木)

トリックアートとトリックのない街

火曜日の夜、ギリシャ料理オリンピアさんで満腹になり
ワインもそこそこ頂いて、たぶんこうなるだろうと思い

近くのホテルをとっておいた
そう、満腹でほろ酔い、うごきたくない
電車で帰ることは当然出来るが、次の日も休みをとって、
ゆっくり横浜を楽しむことに
たまにはゆっくりプラン

翌朝はオリンピアさんでお土産にしてもらった、
タラモサラダをいただいた。もちろん日本風ではない
日本のポテトサラダにタラコを混ぜた感じではなく
レモンでさっぱりとさせていて、まさにsaladという感じ
あっさりとバケットと一緒に食べることができ、朝食にピッタリ

オリンピアさんのある関内・馬車道から
ゆっくり歩きながら山下公園へ

氷川丸でスタンプラリー、昼も過ぎたので中華街をブラブラ

以前からそうだったが
中華街のメイン通りはどこも同じような店ばかり

以前に比べるともっと、もっと同じような店が増えた気が

何処のお店でも時間無制限、オーダ制、食べ放題
引き込み宣伝の人もアチコチに

甘栗キャッチの人=甘栗を手渡して食べさせて買ってもらおうとしている人もアチコチに

これは昔からだが、肉まんもアチコチで

店頭ではテレビモニターをつけて店の宣伝もアチラモ、コチラモ

しばらくいると、どれも同じ店に見えてしまう

少しぐらい内容を変えて売っても良さそうだが、、、
いくら同じ中華といっても、、、

というのが正直な感想

それにしても不景気の余波か??食べ放題の店が増えていて
しかも値段が、、、安い
それもアチラモこちらも

ランチもそこそこに済ませて
横浜大世界へ
トリックアートのミュージアムでとても不思議な絵画の世界が楽しめる

しかも、最近の観光地=写真 の風潮をよくとらえていて
写真をとりやすいように絵画は配置されている

面白い写真が取れるので、時間があれば必見

吉本おもしろ水族館も芸人さんがしゃべってくれる
面白いところだった

そういえば
どこもかしこも、パンダのお土産ばかりが目に付いたのも
印象的な光景だった

2011年1月26日 (水)

横浜 ギリシャ料理 オリンピアさん ~料理初めて物語~

月曜日の深夜から新年会

家に帰ったのは午前7時、当然次に起きたのは12時過ぎ
お店に向かい 仕込みをして

昨日は以前から横浜に行く予定にしていた
前に行ったのが確か2年前の夏前

それから再訪したいとずーーーッと思っていたが
なかなか、予定がかみ合わず

今回も危なかったが、前の週からのお約束に救われて
やっと行くことが出来たのが

ギリシャ料理オリンピアさん

ギリシャ料理は自分が飲食業界で料理を初めてから
ずっと興味があった料理

たまたま、池袋サンシャインのワールドインポートマートで見つけた
『楽しいギリシャ料理』という本が初めてで

最初はギリシャのワイン レッチ―ナから入り リキュールのウゾ

当初はそんなところだったが
ローマ人の歴史を書く塩野七海さんの著作で世界史を見ていると

そもそもの西欧料理のルーツはギリシャが始まり
まあ、ヨーロッパの文化自体もそうとも言える

ギリシャの料理がローマ帝国時代にイタリアへそれからフランスへ
らしい

このブログを始めてから初めて知ったギリシャ料理の店が
オリンピアさん

料理のクオリティーの高さは前回同様

前菜に頼んだフェタチーズ(山羊のチーズ)チーズの味わいも
さることながら付いてくるバケットが外はカリカリ中はふんわり
小麦の甘さを感じる美味しさ、いわしのマリネはレモンとオリーブオイルの使い方が絶妙

ムサカはやはり本格派、中に挟まれているミートソースと
ふわふわとしたホワイトソースが最高

そして今回の目的一月のお勧めカカヴィア
ツイッターで店長さんがつぶやいているのを毎日見ていて

気になって気になってが
今回の再訪のきっかけ

贅沢にエビ、たら、ムール貝、ホタテが入ったギリシャ風ブイヤベース

魚介類をふんだんに使っている割には
薄めの味でまとまっていて、だしは濃厚

美味しいの一言に尽きる

最後にタラモsaladを頼んだのだが、もうお腹いっぱい
お土産に包んでもらった。

〆にはギリシャコーヒー
自分はブラックで頼んだのだが砂糖入りの方がお勧め

デザートで頂いた盛り合わせも
お腹いっぱいだと思ったのだが、

優しい味わいについつい惹かれて食べきってしまった

全体的に優しく、素朴な味わいが特徴
オリーブオイルやレモン、香草の使い方には脱帽

次回はもっと早めに言って
あれとあれとこれとあれも

たーべよっと

店長さん
ご馳走様でした。
 

2011年1月25日 (火)

継続は力

昨日は新年会

もちろん、吉祥寺からも店長以下スタッフもかけつけ

スタートは23時過ぎ

料理当番の自分は仕事中同様に1時過ぎまでは料理を

まあ、こういう時に作る料理は特に何のプレッシャーもなく
自然体で作るだけなので、楽しいものだ

話は変わるが、先日とある知り合いの方と話していて
自分がいまだにお客さんが来ると緊張するんですよ
というと驚かれたが

意外と緊張やさんなので、仕事で料理を作っているときは
今でも終わると結構、気疲れしてしまう

まあ、それはいいとしても
吉祥寺の亀ちゃんは普段接触の少ない300Bの席へ

そして最近吉祥寺には顔を出していない自分は
スタジオーネのスタッフとお話

スタジオーネはいまだにオープニングスタッフが大半を占める
スタッフの構成

スタジオーネの募集時にはオープニング、6月、イタリアン
と人気の三要素が揃ったせいか
応募は何百人も来たので、人材選びも一苦労

今選んだメンバーがどうして選ばれたのか?

などなど、その頃の思い出話も盛り上がり
今年の7月を過ぎれば、もう2年も続いたことになる

たかだか二年ともいえるが、若いスタッフにとってはもう2年だ

継続は力なり
なんていうが、続けていくことの大切さを感じた時間だった

もちろんタダ続けているだけではどうしようもないが
今の不景気な世の中、続けていけることだけでも感謝

継続を支えてくれているスタッフに感謝

そして、お客様に感謝

何て思ってるうちに夜も空けて

久しぶりに
ALL NIGHT

今日も元気に、、、

少し元気に営業しております
 

2011年1月24日 (月)

値上がり

今日は久しぶりに一人で仕込み

この店の厨房は基本的には一人用に出来ている気がする

もちろん、自分が創った厨房でもないから
今更、広いの狭いのといっても始まらないが

一人で仕事をしているとやっぱり楽だ

週末がまあまあの客入りで、月曜を迎えるとそれなりに仕込みもある

早目に来て仕込んでいても
一人だと途中で電話が入ったり、営業さんが来たりすると
何も出来なくなる

こんなときに限って飛び込みの営業さんが、、、
もちろんお断りだが

今日配達に来た業者さんもそうだが

食用油は軒並み値上がりするらしい
肉類も全般に値上がり
オーストラリアの洪水と飼料用の穀物不足が原因

慢性的に新興国での需要が増加していることが背景
これはリーマンショック以前以来変わらない

景気が回復基調にあるなんてニュースを聞いた後には
食品の値上げ

このパターン以前にも有った気がする

今年はどうなることやら

なんてことは今日は忘れて

新年会だ
料理でも始めるかな?

お店のスタッフイベント

この店を受け継いだばかりの頃は
まだ自分も雇われていた時代の名残が強かったのか?

店のスタッフさんとの距離感も今よりもぐんと近く
よく飲みに行ったり、飲み会もしょっちゅう開いていた

最近は年齢的なことや自分自身が多方面で忙しく
あまり飲み会もやらなくなった

もちろんそれだけでもなくて、あまり頻繁にやっていると
スタッフも飽きるらしく、参加者が極端に減ったりする


という訳で、今日は久しぶりの新年会
スタッフさん達のたっての希望で

もちろん営業は通常どうりおこない

そのあと新年会

新年会の時はいつも、料理当番は私が担当

今日の主役はやっつぱり鍋かな?

300B ONE 池袋総本店 のサービス一覧

300B ONE 池袋総本店