プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

料理を造る仕事こそが天職だと思いこの世界に飛び込んだのが17年前です。8年前に古くから続くこの店を受け継ぎました。得意とするのは日本・韓国をはじめとするアジア系の料理です。現在お店の核となっているメニューはステーキ・焼肉です。店を始めた頃から出入りしている肉屋はあの超有名店にもうちと同じ肉を卸しています。肉の鮮度の良さには自信があります。デザートもケーキ・プリンは自家製です。おじいちゃんの代から続くケーキ屋の末裔なので自信があります。なお、当店ではアジア系の料理に限らず、世界の料理を楽しむことができます。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« menu9カボチャのプリン | メイン | menu10和風ハラミステーキ »

2012年6月22日 (金)

レバ刺し ありません

実は当店でも10年前からズッーーと販売してきたが

昨年のユッケ事件と同時にやめて、もう一年だろうか?

今月の末までで、販売は禁止になるので、レバ刺しについての問い合わせも多いが

今は提供していない

お肉屋さんに発注すれば、材料としては来ると思うが、当店ではもう販売はしない

自分も去年のユッケ事件までは認識が甘く

牛肉の生食やレバ刺しの危険性はそこまで知らなかったというのが本当のところ

もちろん衛生上の注意はかなり気を配っていたのだが

除菌が完全には出来ないということは知らなかった

特にレバ刺しについては菌の汚染については最近明らかにされてきたこと

昨日も自己責任でいいので食べさせてほしいという知り合いの方が来たのだが

申しわけないがお断りさせて頂いた

理由はO157ではなくて、カンピロバクターの危険性があるから

O157でも重篤な食中毒に陥ることはあるが、健康な成年であれば

お腹を壊す程度で終わることも多いらしい

カンピロバクターは腹痛では済まない場合がある

いまだに発生のメカニズムは解明されてはいないが

ギランバレー症候群の発症の可能性があるらしい

というわけで、そこまでリスクを取って売る商品でもないので

販売は休止している

でも、朗報もある

味などを損ねずにそのような有害な菌を除菌できる方法は実はすでに存在している

放射線のガンマー線照射を充てる事で完全除菌が出来るという

ちなみにガンマー線照射はすでにジャガイモなどでは行われているので

安全性は問題ないはずだ

たぶん、近い将来レバ刺しも復活することだろう

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

300B ONE 池袋総本店 のサービス一覧

300B ONE 池袋総本店