プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

料理を造る仕事こそが天職だと思いこの世界に飛び込んだのが17年前です。8年前に古くから続くこの店を受け継ぎました。得意とするのは日本・韓国をはじめとするアジア系の料理です。現在お店の核となっているメニューはステーキ・焼肉です。店を始めた頃から出入りしている肉屋はあの超有名店にもうちと同じ肉を卸しています。肉の鮮度の良さには自信があります。デザートもケーキ・プリンは自家製です。おじいちゃんの代から続くケーキ屋の末裔なので自信があります。なお、当店ではアジア系の料理に限らず、世界の料理を楽しむことができます。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2013年8月 | メイン | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月27日 (金)

東京生活が貧しい訳

先日田舎に帰って思うことは、福岡については住宅建設が増えていること

昔はあまりなかった、マンションが多くなりつつあることだろうか?

福岡の人口はこの20年ぐらいの間に1.5倍に増えているので

いよいよ街が縦に伸びだした感じはする

市内でも天神や博多と言う一番の繁華街の商業施設はすでに

大型化して、高層化を終えている

もちろん市街地を離れて市を跨いでしまえば、まだまだ田舎で田んぼもたくさんあるが

そちら方面に住宅を持つと車での移動が大変になる

バイパスもあるのだが、車が渋滞する確率は自分が子供の頃より増えている

それゆえ、海側の埋立地に住宅がたくさんできているのを先日たまたま見かけた

田舎では車が無いと移動がとても困難となる

電車は主要路線でも本数はそれほど多くは無い もちろん東京と比較してだが、、

東京では電車を待つ感覚がかなり短すぎるが、田舎では30分単位ぐらいの感覚だ

まあ、それでも田舎では一家に一台以上は車があり、家も一軒家が主流

マンションもかなり広いのが当たり前で賃貸も安い

東京暮らしと一番違うのは住宅費用だろう

東京も福岡ももらえる給料は大して変わらないし、食料品もそうだが

ほとんどの物販価格にしろサービス業の価格も同じ

飲食店に関して出言えばたぶん東京のほうが安いかも、、、、

東京の賃貸の先にいる大家なんていう商売でのうのうと暮らしている方たちに

そういう老人の方々には若い人に何らかの形で所得移転が起こる政策でも

政府がやってくれれば、景気なんてすぐに良くなると自分は思うのだが、、、

例えばだが、賃貸物件35歳以下世帯には家賃50%OFFにしなければいけない

と言う法案でも作れば、問題はたくさんあるのも分かるが

かなり景気が良くなりそう

安倍ちゃんやってくれないかな~~

2013年9月26日 (木)

ハイボール

昨日法事があり、一昨日朝6時過ぎに部屋を出て福岡へ行って

今日午後に帰ってきた、仕事の都合で致し方ない、自営業者のつらいところだ

さて、帰ると年老いた母やおばとも顔を合わせ、食事をする

昨日はとある居酒屋へ

menuには今では当たり前だが、ハイボールも当然並んでいる

叔母はすでに70代だが、懐かしいメニューがあるね~という

ハイボール そう伯母や母が若いころハイボールは庶民が、、お金のない庶民が飲む

戦後から高度成長期に向かう頃に流行った飲み物

ウイスキーはそもそも薄めずにストレートで飲むのが美味しい

特に昔は海外のウイスキーは超高級品 洋酒の関税も高ければ、円も今よりずっと安かった

一ドルなんて350円ぐらいの時代だ

いま日本で2000から3000円くらいのイギリス生まれのウイスキーなんて

万円はした時代、海外からのお土産がウイスキーと言うのが普通だった

ゆえに国内のウイスキーメーカのサントリーさんが作った角やトリスを

、、工夫して美味しく飲めるようにしたのがハイボールだった

そうストレートではちょっと、、と言うウイスキーをソーダで割ったのだ

あの時代に日本のオヤジどもが飲んでいたのがハイボールや焼酎、二級酒の日本酒だ

そしてその当てが、外で飲むときは焼鳥であり串揚げ

それでも金が無ければキャベツやキュウリをアテニして、

その際果ては塩でもなめながら、お酒を飲んでいたのがその時代だ

今という時代も食べ物や飲み物の流行から見れば

そんなところにあるのかな??

テレビでは景気が良いなんて話をしているが、果たしてどうなんだろうか??

2013年9月24日 (火)

右にならえ!

連休も明け、当店近くの大学も長ーーーーい夏休みが終わり

今日から後期がスタートするらしい

世の中では、あまちゃんや半沢さんが流行っていて

テレビの時代は終わりだーー何ていう割にはネットの話題は

そのテレビドラマのことでもちきりだ

そしてもう一つの今の話題と言えばiphone

じぶんもiphone利用者で先日からカメラの具合が悪いので昨日買いなおした

これまでiphoneの利用者は自分の周りでは若い世代が多かったが

ニュースによると出荷台数は900万台と言うからシェアは相当上がったはず

たぶん3人に一人ぐらいの割合でもしかしたらiphoneかもしれない

それにしてもやっぱり日本は狭い国

そして狭い国ながら単一民族で人口が多いので、右にならえになりやすいのかな~

などと思った

当然自分も

右に倣っているのだが、、、

2013年9月22日 (日)

入場制限

今日はネズミの国も満員御礼 溢れているという情報をSNSで目にした

ネズミの国では入場者が多すぎる場合にはゲートで入場を制限するらしい

その後どうなるのかは知らないが、、、

話変わるが。ディズニーのお客さんの不思議なところはアトラクションが例え何分待ちであろうと

誰一人として、待ち時間が長いことにクレームをつける人はいないことだろう

もちろん、そういう前提で行っているからと言われればそれまでだが

他のサービス業では少しでも待たせるとクレームの対象となりやすく

待ち時間の長さに比例してクレームは正比例していく

ちなみに当店も食べ放題と言うのをやっているので、遅いと怒られる

週末で込み合うのが予想されるときに来ているお客さんでもそれは同じ、怒られる

もち論、スタッフ含め自分も早く出せるように精いっぱいの努力はしているが

基本的にその辺の食べ放題と違うのはオーダ制でその上、料理もドリンクも

すべてその場で創るからそれほど速く出せないということもあるし

商品数がその辺の食べ放題に比べれば、圧倒的に多いというのもある

まあ、それでもそれは言い訳に過ぎないので

いつももっと早く出せるシステムは考えている

なるべく御客さんの予約時間が被らないようにしたりはしているが、、、

やはり一度に来るときは一度に来るのでこればかりはしょうがない

そういえば、もう年末対策がナンチャラカンチャラと最近はグルメサイト側がいってくるが

当店でも年末は特に込み合う日があるので

2,3年前ぐらいからは年末だからと言って特別に集客をするのは止めている

あまりに込み合いすぎるとやはりお客さんの満足感が減る方向になる

それゆえ、年末は実は当店ではここ2,3年予約などはセーブしている

ちなみにこれまで春シーズンはそれほどは込み合うこともなかったのだが

今年の春は御客さんが集中しすぎて、一部のお客様に迷惑をかけた

毎年春シーズンはスタッフが入れ替わりベテランクラスが減るので

どうしてもサービスの質が落ちている

今年はそれもあり、すでに来年春以降のスタッフも入店させている

ある意味莫大な無駄のようではあるが、致し方ない半年間

まあ、どんなに込み合おうが、それが承知でそれでも待ってくれるような店に成れればいいのだが、、

何かいい方法は無いだろうか?

300BONEのブログ

海外の人は正しくて、日本は間違っている?

このブログでは飲食店の話を中心に書いているので

原発の話題は書いたことが無い

もちろん、放射線は食べ物にも影響するが、今現在流通しているものは

海の物であれ、山の物であれ危険なものは無いと自分は信じている

当然、これまでも安全だと言われていたものが、後になって違いましたとういうのは

何度もあったのは確かだが、それでも自分はオオムネ、この国の厳格すぎる保健行政は

それほど大きな間違いを起こすことは無いと思っている

その一番簡単な証拠は日本が長寿国であるということだろう

もちろん、健康寿命についての議論はあるにしても、

日本人は長生きであることは間違いのいない事実

長生きの基本は衛生環境によるところが大きい

まあ、自分はそんな重厚長大型の官僚組織が良いとは全然思っていないが

それでもこれだけ役人がいれば放射能汚染も心配ないのではないだろうか?

そんなことを思ったのは先日とある放射脳のかたとそういう人とは知らず話したから

何でも日本が放射能で危ないことは海外ではものすごくたくさん報道されているそうだ

そんな報道がなされてないのは日本だけだという

その時は、それには触れず話を終わらせたのだが

何でそんな報道が日本でないのか?それは危険ではないからだろう

日本政府も東電もいろんなことを隠ぺいしているというが

本当に隠ぺいするなら、自分なら汚染水のことなんて微塵も外部に漏らさないだろう

遠く離れた海外の人が疑心暗鬼で原発のおもしろい番組を作るのは勝手だが

それを鵜呑みにされてもな~~

ちなみにその方、タバコをぷかぷか吸いながら、福島よりはるかに放射線量が高い飛行機の旅を何十時間もして海外に戻るらしい

まあ、世の中そんなものかな

それにしても日本人の日本を愛せなさすぎは悲しいレベルだな

2013年9月20日 (金)

方向転換

自分もこの業界に入ってもう20年が経つ

入ったばかりの頃はまだバブルの余韻も残るころで、世の中今よりは景気も良かったように思う

先日の話ではないが、その頃はまだグルメメディアと言うのは無く

もちろん飲み放題なんて言うのもなかった

お店の宣伝と言うのは一部の大手チェーン店ではテレビや雑誌でたまに行われ

あとはチラシ位だろうか?新規オープンぐらいであれば個人店でもチラシ位は配ったが

おおむね、宣伝活動と言うのはやらないのが普通

お客さんは7,8割は常連さんで、それ以外も何度かは店に来たことがある人

常連さんが新しい御客さんは連れてきてくれた

もちろん、それ以外にも一元で入ってくれてお店を気に入って通ってくれる人もいて

その循環の善し悪しで繁盛店とそうでない店は決まっていた

これは今も同じかもしれないが、結局はどんなものが食べれて、飲めていくらであるのか?

それを気に入ってもらえるかどうか?が繁盛のカギだった

まあ、本来お店=飲食店とはそういうものだと今でも自分は思う

ところが10年前ぐらいからグルメメディアが盛んに営業するようになり

大きく変わったのが、飲食店の宣伝だろう

その流れは今も続いていて、先日まで書いた例の3社での宣伝で

御客さんの入りがかなり左右されるようになった

昔は必要なかった、宣伝広告費が売り上げに対して掛るようになった

もちろん、費用に対する効果は生んでないいとは言わない

そしてそんな時代であることも致し方ない
が昔は無かった消費税も来年からは売り上げに対して8%掛る

ちなみに家賃も光熱費も、食材の仕入れ代金も3%上がる

そこで、当店も方向転換を始めてみたいと思っている

そう、完全に昔に戻るというのは難しいが

所謂、フリーのお客さんが増やせるような努力を改めてやってみるいい機会かもしれない

何てことを思う今日この頃

でした

2013年9月18日 (水)

おもしろいな~唐辛子

昨日の話の続きでもないがグルメサイトは大きな勢力3社がある

1つはこのぐるなびさん、そして例の口コミサイト、そしてR社が運営する唐辛子

今日は辛いやつの話

もちろんだが、唐辛子さんにも当店は掲載していて、これまでもいい?お付き合いをしてきた

彼らの一番得意なのは昔は雑誌を発行して中小企業を中心に広告媒体を作ること

当店は飲食店なのでお付き合いとしては求人とグルメ媒体

そして激しい動きを見せるのはグルメ媒体のほう

当初、この店を自分が始めた当時は唐辛子さんは紙媒体をフリーペーパーでばらまくことで

かなりの効果を上げる媒体として活躍してきた

それから時は下り、ネットが盛んになるにつれ、唐辛子さんもネットでサイトを立ち上げて

そこでも掲載が始まった。もちろん当初は無料である。これはいつもの手口

フリーペーパーへの掲載料金はもちろん有料でサイトへの掲載は無料

そして更に時は過ぎて、、、ネットでの有料掲載が始まる、、、、

ここで利用料金が上がるのだが、ネット+紙でこれまでの紙だけより少しだけ値上げ

ここが味噌 そして次はネットでの掲載に金額で明らかに費用対効果が変わる様にして

ネット100%ではじめて費用対効果が見合うように設定 この時点で当初の紙の頃より

掲載料金は80%増しになっていた。

つまり紙での掲載の頃よりネットの効果を高めて、紙はほとんどおまけにして

金額だけは180%になっているのだが、実際の費用対効果は落ちているのが今の現状

その原因は2年前の秋に紙を廃刊してしまったからだろう

ちなみに当店はこれまでずっとおつきあいしてきたが2年後にはこうなるだろうなと思っていた

あの媒体の生命線は紙だったからだ

どこかで功名心に駆られた人間が上手くやれば紙からサイトへ移行して

一儲けが出来ると画策したのかもしれないが、それは続く戦略ではなかったということだろう

さて、それはいいのだが、今年の年末にそのサイトでは紙を12月限定で出すらしい

まあ、反省したのかと思いきや紙から紙+サイトで値上げ、ネットだけにしてさらに値上げ

してきたサイトなのだが、ここで紙を出して有料で売るらしい

世の中そんなに甘くは無いとい思いますが

爆笑

2013年9月17日 (火)

口コミについて思う事

某口コミグルメサイトが問題になったのも、一時的な話題だっただけで

もう誰しもが忘れた話になりつつある

そのグルメサイトさんも飲食店側に立った営業も始めていると聞くし

確かにグルメサイトとして費用対効果が出るらしい

この話ちゃんと書かないと一般の人にはわからないので、わかるように書けば

某グルメサイトにお金を出すと、そのサイトの自店のページを編集出来たり

他の店よりサイトの中で露出が大きくなったりする

決して、口コミを消すことが出来るわけではないという が、、、、catfaceそっから先はng

とにかく乗せるのにお金を払うと集客効果が上がるらしい

ちなみに他のサイトでは口コミと言うのはお店にとって良い口コミしか載らない

それゆえ口コミを書く人などほとんどいない

そもそもSNSもそうだし下手をすればブログもそうだが

ネット上のそういう書き込みが出来るところには、おおむね不平不満と言うのが

書かれるのが常だし、まあそれが書きたくて、それを書くことで憂さ晴らしになるから

書いている人が多いように見受けられる

何だか悪口や不平不満を書いている人はそればかり書いているようだ

元々がそういう性質なのがネット上の口コミだと思ったほうがいい

口コミを書くときは,たぶんほとんどの人がPCの前で一人で書くのだ

そういう意味ではそれは口コミではなく独り言と言ったほうがいい

普通口コミを聞く場合は会話の中から発生するから最低でも2人の会話から始まるのが

クチコミだと自分は思う その場合口コミは人づてに伝わるので、

実際はそのまま伝わるわけでもないだろうし、そこではある一定の会話で意見のやり取りも

あるはずで、あの店は悪い店だと片方が行ったとしてもそうではないと話し相手は言うこともある、そこにそもそも口コミの信用度高まるのではないだろうか?

そもそも今の口コミは一人一人のお店を使った感想とすれば、まだマシだったのかもしれない

お店を利用した人の感想であれば、その人が思ったこととしか思はないだろう

ちなみに某口コミサイトをコントロールしたい場合はお店の方は入会することをお勧めする

そう、会社は御客様の言葉にはなかなか逆らえないものだと思う

まあ、そんな口コミ=人づてに聞いた話を書いてみた

2013年9月16日 (月)

たいふう

みごとに、当たりましたが

やっぱりいつも通り大したことは無かったですね

たいふう

東京は台風の進路にあたることは多いですが、やはりここまで来ると

勢いもなくなり、勢いがあっても上陸すれば通過スピードはかなり早いし

今日の午前中は凄かったですが、あっとゆうまに日常に

まあ、これが休日でなければ、お勤めや学校の人は駅で立ち往生で

大変だったかもしれませんが、、、、

自分が育った福岡も昔は?今も?台風の通り道

だいたいこんな感じで来るぞ来るぞ、と報道ばかりが先行して

いざ来てみると大したことが無いのがいつものことでした

確か福岡は9月に台風が通るのが通例だった気もしますが、、

タイフウが来るとやはり客入りには大きく影響します

まあ、お天道様のことは人間にはどうにもなりません

今年は台風沢山来ないことを祈ります

あーめん

BY pauro

 

2013年9月14日 (土)

西池袋飲食店事情2013年晩夏

むかし、オフコースと言うバンドが「ああ早く九月になれば~♪」何て歌を歌っていて

昔から9月になるのを喜ぶ人はあまりいないよな?と思っていた

子供の頃は9月になると長い夏休みが終わって学校が始まるからだが

この世界に入ってからは雇われてる頃は9月になれば涼しくなるから歓迎だった

が、、、自分で経営をこの店で始めてからは、事情は違う

そう9月は西池袋には特に前半は人がいなくなる

其れは最近始まったことではなく、最初からこの地域の9月は売り上げが、、、

それは毎年のことだからしょうがないが、、、、

それは当店だけではもちろんなく、周りの店もそう

只でさえ安売り店が多く、安売りする中国人系の中華屋さんはさらにさらに

売れなければ売れないだけ安くする

最近西池袋に増えた飲み屋は焼き鳥串焼き串揚げ屋さん達

一時はホルモン焼きだったが今は一杯飲み屋系の串物屋さんが入っている

昔でいえば日雇い労働者やいわゆるブルーカラーと言われる人たちが行ったような、、

とにかく安く飲めればいいとでもいうような御店が大ブーム

まあ、可処分所得が減っているのだ 当然と言えば当然

需要があるから店が出来るのだろうから

さて、池袋と言えばラーメンの聖地だが、西池袋にもまたまたラーメン屋が増えてきている

今日もまた一件新しい御店が出来たようだ

最近、西池袋に進出してくるところは、それなりに出店コストをかけて出してくるところが多い

それほど魅力的な家賃とは思えないところに、どんと出してくる

まあ、ただラーメン屋さんだけは結構潰れないのも確かかもしれないな~

一杯飲み屋とラーメン屋の街か

ちょっとさびしいな

300B ONE 池袋総本店 のサービス一覧

300B ONE 池袋総本店